漢方の診察方法とは?普通の診察とは違うの?

漢方の診察について

漢方では「四診」と呼ばれる漢方独特の診察法があり、「四診」を通して患者の状態や症状である「証」を決定し、「証」に基づいた治療を行います。

「四診」について

四診は、見る「望診」、聞く「聞診」、問う「問診」、触る「切診」の4つの診察から得られた情報により患者の状態や症状を診断します。

望診

目で確認し、患者の全身を観察して行う視診になります。体格、体型、姿勢、問いに対する反応のほか、顔面診、舌診、尺膚診を行います。

  • 顔面診・・・顔色、肌のハリ、目の周りのクマ、唇の色など。
  • 舌診・・・舌の色・形・大きさ・乾湿、舌苔、舌の表面につく歯型、舌下の静脈など。
  • 尺膚診・・・皮膚の色(日焼けしにくい前腕前面)。

聞診

声の調子、呼吸音、体臭、口臭、咳の有無、腹部の音など。

切診

体に触れて診断。

  • 脈診・・・脈の速さや強さ、脈拍数、不整脈の有無など。急性疾患の治療方針決定のために重要です。
  • 腹診・・・腹部の力、緊張状態、抵抗の具合、痛みの有無、腸の動き、胃に水分が溜まっていないか音を聞くなど。慢性疾患の治療方針決定のために重要です。

問診

西洋医学と同じで現在の自覚症状、家族の病歴、生活習慣、精神的な悩み、ストレスの有無、便通や尿、冷えやのぼせ、食欲、のどの渇き、睡眠、汗のかき方などを質問されます。

「証」について

「証」とはその人の体質や症状などの状態をあらわすものです。四診によって患者の状態を正確に診るために「陰陽」「虚実」「気・血・水」「表裏」「寒熱」などの物差しを組み合わせて病状を分析し、患者の「証」を決定します。西洋医学の診断だと思ってください。

陰陽

体質の特徴や、急性の病気にかかったときのからだの反応をあらわします。

  • 陰証・・・病気が体内に侵入してきても体力がなく、戦いが劣勢になります。顔色は青白く悪寒がします。
  • 陽証・・・病気が体内に侵入してくると戦う姿勢をみせます。熱が過剰になり、顔が紅潮したり、炎症したり、目が充血したりします。

虚実

慢性の病気にかかった時の患者本来の基礎体力や抵抗力をあらわします。

  • 虚証・・・体力がなく、病気に対する抵抗力や反応が低いです。体格は華奢で疲れやすく、胃腸が弱い状態です。下痢をおこしやすい体質です。
  • 実証・・・体力があり病気に対する抵抗力や反応が強いです。体格はがっちりで気力があり胃腸が丈夫です。どちらかというと便秘体質です。

気・血・水

気は、人間の生命力です。血は栄養を運ぶ働きをし、からだの状態を一定に保ち、からだを守る役割があります。水は、老廃物の排出、リンパによる免疫機能があります。

  • 気滞・・・気が滞った状態です。気力がなく倦怠感があります。食欲がなく、呼吸が浅く、眠気があり、便秘や下痢などの症状があります。
  • 気逆・・・気が上半身に上昇する状態です。上半身はのぼせて下半身は冷えます。イライラし、呼吸が速く、お腹の膨満感、頭痛や不眠などの症状があります。
  • 気虚・・・気が減少した状態です。気力が乏しく疲れやすいです。食欲がなく下痢気味で、めまいや立ちくらみ、風邪を引きやすいなどの症状があります。
  • 血実・・・血が多すぎ、目の充血や高血圧の症状あります。
  • 血虚・・・血が不足し、血色不良や貧血気味、乾燥肌、生理不順などの症状があります。
  • 瘀血・・・血が停滞し、目のクマ、肩こり、下腹部痛、月経異常、肌荒れなどの症状があります。
  • 水毒・・・水が停滞し、むくみやめまい、動悸、息切れ、手足の冷え、胃の中に水がたまり、下痢気味などの症状があります。

表裏

からだのどこに病気が出ているかをみます。

  • 表証・・・体の表の部分に病状が現れます。皮膚や筋肉、関節や神経などのことです。主な症状は、悪寒・発熱、頭痛・関節痛、神経痛、鼻水・鼻づまり、痰などです。
  • 裏証・・・体の裏の部分に病状が現れます。胃や腸の消化管の臓器などからだの深奥部のことです。主な症状は、口が渇く、食欲不振、腹痛やおう吐、腹部の膨張感、便秘や下痢などです。

寒熱

病気になったときの性質をみます。

  • 寒証・・・熱が出ても、悪寒がつづく状態です。冷え性で顔色が青白く、寒気といった症状が現れがちです。冷えで下痢をしたり、手足が痛んだりする傾向にあります。
  • 熱証・・・病気により熱が出て暑がる状態です。顔色が赤く、炎症や発熱、充血といった症状が出やすくなります。冷たいものをたくさん飲むタイプです。
スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る