なぜゆるむ?骨盤底筋群の筋力が低下する原因4つ

月経困難症について

近年、高齢の方だけではなく、若い女性にも膣圧や締まりが弱くなっている人が増えてきています。その理由には骨盤底筋群の筋力の低下が関係しています。

骨盤底筋群とは、骨盤の底にあり子宮や膣、膀胱、直腸など骨盤内の臓器を下から支えている薄い筋肉の集まりです。この骨盤底筋群は骨盤内の臓器を支えるだけではなく、膣や肛門、尿道を締める大切な役割もあります。

そのため筋力が低下してしまうとさまざまな悪影響を及ぼします。そこで今回は骨盤底筋群の筋力が低下してしまう理由と、それによる悪影響をご紹介します。

骨盤底筋群の筋力が低下する原因

妊娠・出産

骨盤底筋群は妊娠中に大きくなった子宮を支える役割があります。しかし、出産のときには産道となるため大きなダメージを受け、これにより収縮力が弱まります。

加齢

年齢を重ねると顔の表情筋がゆるむように、膣内部の筋肉も年齢とともに筋肉が弱くなっていきます。

関連記事:出産後はゆるくなる?産後に膣がゆるむ理由

肥満

体重が増えていくと下腹部に脂肪がついてしまい骨盤底筋が弱くなります。

運動不足

運動不足になると筋肉をあまり使わなくなってしまうので筋力が低下します。骨盤底筋群も同じで運動不足で筋力が弱くなってしまうのです。

骨盤底筋群の筋力低下で起こること

骨盤底筋群の低下は女性に多いある悩みや、恐ろしい病気を招いてしまうこともあります。

尿もれ

まず骨盤底筋の低下が招いてしまう悩みが尿もれ。尿もれは2つのタイプがあり、そのひとつが骨盤底筋が低下することが原因で起こります。この尿もれを腹圧性尿失禁と言います。

腹圧性尿失禁は、骨盤底の筋肉や組織がゆるむことで膀胱や尿道の位置が下がってしまい、くしゃみやせきなどでおなかに力が入ったときに尿もれを起こしやすくなります。

骨盤臓器脱

もっとも恐ろしいのが骨盤臓器脱。骨盤底筋は子宮をはじめさまざまな臓器を支える骨盤内の筋肉です。骨盤臓器脱はこの骨盤底筋などが衰えることで、子宮や膣壁が外に飛び出してしまう怖い病気。

特に、40代以上の中高齢者の方がなりやすい病気ですが、生活スタイルの変化により、若い女性にも増えつつあります。

症状としては子宮が垂れ下がっているという不快感だけではなく、頻尿や尿失禁、排尿痛、性交痛などが起こることもあります。

関連記事:骨盤臓器脱とは?原因、症状、種類、治療法まとめ

骨盤底筋の低下を防ぐためには?

骨盤底筋の低下を予防するためには日頃から骨盤底筋を鍛えることが大切です。

骨盤底筋も身体のほかの筋肉と同じように、使わなければ自然に衰えていきますが、エクササイズやトレーニングなどをすることで何歳からでも鍛え直すことができます。

一番簡単な方法は、肛門を締めたりゆるめる膣トレや骨盤底筋体操です。また、ヨガやピラティスはインナーマッスルを効果的に鍛えることができます。

膣トレや骨盤底筋体操はテレビを観ているときや、仕事のちょっとした休憩時間など、いつでもどこでもできるのでぜひトライしてみましょう。

関連記事:骨盤底筋体操のやり方

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る