婦人体温計の選び方と基礎体温の正しい測り方

基礎体温の測り方

基礎体温からは排卵日やその有無、生理のタイミング、妊娠しやすい日と妊娠しにく日などいろいろなことがわかります。今回は婦人体温計の選び方と基礎体温計の正しい測り方をご紹介します。

婦人体温計の選び方

基礎体温をつけるときには、普通の体温計ではなく婦人体温計を使って測ります。

普通の体温計は1目盛(1℃)が10等分になっていますが、婦人体温計は20等分と目盛りが細かくなっています。そのためより正確な体温を測れるようになります。

水銀体温計と電子体温計の2種類があるので、「自分はどんなことを知りたいか?」によって選びましょう。

水銀体温計

電子体温計よりも正確に測ることができます。そのため、不妊治療や避妊のことを考えている方におすすめです。

しかし、測定時間が約5分と長かったり、割れた時の処理などが大変なのでそういった場合は電子体温計でも大丈夫です。

電子体温計

生理日を知りたいなど普段の体調の管理として測りたい方におすすめです。測定時間も1~3分ほどと短く、体温計にデータを蓄積できたり、メモ機能があったりと便利な機能が付いているものがたくさん出ています。

正しい測り方

1.毎日同じ時間に測る

測る時間がバラバラになってしまうと体温もバラバラになってしまうので毎日決まった時間に測りましょう。しかし、どうしても難しい場合は目が覚めてからすぐに測っても大丈夫です。

2.朝起きたらすぐに測る

朝目が覚めたら布団の中で寝たままの状態ですぐに測ります。布団から起き上がったり、背伸びや食事をするだけでも体温が上がってしまいます。なので、婦人体温計はすぐに手の届く位置や枕元に起きましょう。

3.舌の下にいれて測る

脇の下ではなく、舌の下にいれて軽く口を閉じて測ります。測っている最中も動かずにじっと安静にしましょう。

4.基礎体温表に記入する

その日の体温を基礎体温表に記入します。忘れた日は空欄にします。計測時間が1時間以上違うときや睡眠不足、発熱、飲酒など体温に影響するようなことがある場合はその情報なども記入しましょう。

また、生理期間や月経量の異常、不正出血、おりものの状態、下腹部痛、薬の服用、セックスなどの情報も記録しておくと婦人科を受診する場合などにも役立ちます。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る