知っておきたい!子宮体がんのもっともわかりやすい症状

子宮体がんの症状

閉経後の女性だけではなく、ライフスタイルの変化によって若い女性にも増えつつある子宮体がん。若いからといって油断はできません。

早期発見のためには子宮体がんの症状を見逃さないことが大事。ここでは子宮体がんの症状について詳しくみていきます。

初期の段階の症状

子宮体がんは、とても特徴的で初期段階からほとんどの人が気づくと言われています。いわゆる、自覚症状があるのが特徴なのです。

そのなかでも分かりやすいのが、生理のとき以外に出血する「不正出血」です。子宮体がんになった人の90%の人に初期の段階で不正出血があったと自覚しています。

たとえば、閉経後の出血、一時的に出る少量の出血、セックスの後の出血、不規則な生理、長い間生理が止まらない場合などは注意が必要です。

出血の量は関係ありません。少なくても多くても、不正出血が出たときは必ず診察を受けましょう。特に、更年期は注意しましょう。更年期になると閉経も近くなり生理のリズムが狂いがちになって、不正出血を更年期のせいだと思ってしまいます。

しかし、この年代が体がんが特に多く発生する年齢です。更年期や閉経後の人はわずかな出血でも子宮体がんを疑いすぐに婦人科で診てもらいましょう。

その他の症状

その他にも、いろいろな症状があります。分かりやすいものもあればそうでもないものもあるので、自分自身で心当りがある人はぜひ思い出してみましょう。

おりものの異常

黄色や褐色がかったものから血性、肉汁のようなおりものは注意が必要です。がんが進行すると膿性になって悪臭がすることもあります。

下腹部痛

高齢者は子宮頸部が萎縮して子宮の入口が狭くなるため、がん組織からの出血や分泌物が子宮にたまると陣痛のような下腹部痛とともに出血が起こることもあります。

このほか発熱が出て下がらない、寒気がする、排尿痛、性交痛、貧血、むくみ、排尿困難などがあります。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る