不正出血の原因と生理不順との見分け方

不正出血について

不正出血があると「何かの病気なのでは?」と、とても心配になってしまいますよね。女性の身体はとてもデリケート。ちょっとしたことで不正出血が起きてしまうこともあるのです。

ここでは不正出血の原因と生理不順との見分け方を説明していきます。

不正出血の原因とは?

不正出血の原因はあまり心配のないものから深刻な病気までさまざま。その性質から2種類に分類されています。1つは「器質性出血」、もう1つが「機能性出血」です。

器質性出血

簡単にいうと「子宮や卵巣、膣に関係する出血」で、腫瘍や炎症など何らかの病気が原因の出血が該当します。

具体的には悪性の腫瘍である子宮頸がんや子宮体がんのほか、良性のポリープ(子宮頸管ポリープや子宮内膜ポリープなど)、子宮筋腫、膣部びらん、膣炎などがあります。

子宮がんや子宮頸がんなど、重大な病気であることがわかった場合には専門の治療を開始します。また、良性のポリープや子宮筋腫など妊娠などに悪影響を及ぼすものについても、必要に応じて外科的処置を施します。

機能性出血

ストレスや睡眠不足、喫煙などが原因で、ホルモンバランスが乱れることで起きる出血をいいます。特に更年期は閉経が近づきホルモンバランスが崩れやすいため、機能性出血が起きやすいです。

「出血の程度が軽い」「排卵前後の出血ですぐに止まる」といった場合には、特に治療をせず、基礎体温の記録をしつつ、経過観察になることもあります。

「要治療」と判断された場合には、低容量ピルやホルモン注射によるホルモン治療が行われ、出血量によっては止血剤も使われます。

無排卵の場合、低年齢や出産を希望していない方は低容量ピルによる治療を、出産を望んでいる方は排卵を誘発する治療を行うのが一般的です。

治療の判断には基礎体温の変化や出血に関する記録が役に立ちます。

その他

■排卵出血

生理と生理の間の時期であれば排卵出血が考えられます。排卵の前後に起きる出血のことで、通常あまり心配のない不正出血に入りますが、毎回出血したり、何日も続いたりするようなら治療が必要なこともあります。

■着床出血

妊娠の可能性がある場合は、着床出血が考えられます。受精卵が子宮内膜に着床する際、受精卵の「絨毛(じゅうもう)」と呼ばれる部分が子宮内膜を傷つけることで出血します。少量なら特に心配はありません。

■膣の傷

性交後の出血であれば、子宮頚部(子宮の出入り口)の粘膜からの出血や、ポリープからの出血も考えられます。しばしば出血を起こすようであれば受診を検討しましょう。

また、性交時に爪などがあたって膣内が傷つくことで出血することもあるので、パートナーには爪を短く切ってもらうようにしましょう。

生理不順と不正出血の見分け方

生理不順か不正出血かどうかは基礎体温をつけてみるとわかります。

基礎体温が2層に分かれているようなら、高温期から体温がガクンと下がった1~2日後に始まる出血は生理と考えられ、それ以外の出血が不正出血ということになります。

しかし、ここで「生理不順だから大丈夫」だと判断してはいけません。なぜなら生理が規則的にきていないということは排卵もきちんと起きていない可能性があるためです。

特に強いストレスがあると無排卵になりやすく、さらに放置してしまうと、卵巣がますます卵子を作りにくくなってしまう可能性も。

重大な病気が隠れている可能性のある不正出血はもちろん、生理不順も早いうちの対処が望まれます。まずは基礎体温をつけて、婦人科に相談しましょう。

また、不正出血は自分では「どこから出血しているのか」ということがわかりにくいものです。基礎体温表に不正出血があった日や量、色や形状、痛みの有無などを記録しておくと、受診の際に役立ちますよ。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る