初潮ってどんなもの?知っておきたい初潮のこと

初潮について

初潮(しょちょう)。これは女性であればほとんどの方が経験をすること。女性になる第一歩となり、さらに妊娠が可能になったという証でもあります。

初潮を迎えるのは思春期ですし、デリケートなことと考えている人も多いですよね。しかし、とても素晴らしく、ステキなことなのです。ここでは初潮についてご紹介します。

初潮とは?

初潮は初めて生理を迎えることです。最近では、学校でも初潮のこと、生理のことについて学んでいるのですが、いざ自分がなってみるとどうしたら良いのか分からなくなる人も多いのです。

実際、初潮を迎えたことによって、ストレスになってしまうこともあるでしょう。友人と比べて早い場合、遅い場合などはストレスになりますし、気持ちをコントロールするうえでも複雑だと思います。

しかし、初潮を詳しく知っておくことでその不安はなくなるでしょう。

いくつで初潮になるの?

初潮を経験すると、女性として心構えができるようになるでしょう。しかし、初潮を迎える年齢は本当にさまざまです。

現代は、食べ物も豊かになり、栄養のバランスも良く過ごすことができている人が多いでしょう。そのため、初潮も昔と比較してみると早まってきているのはたしかです。

現在多くの人は、11歳~13歳辺りで初潮を迎えています。早い人になれば、9歳で迎えている人もいますし、遅い人であれば、16歳で迎える人もいるので、何歳が良くて何歳が悪いということは特にありません。

そのため、心配や焦る必要はないのです。初潮を迎える人のなかにはその兆候がある人がいます。たとえば、胸が張ってきたり、尿の中に血液が混ざったりなどがあり、人によって違ってきます。

初潮と成長

多くの人が初潮を小学生、もしくは中学生で経験すると思います。初潮を迎えることによって、成長も早くなる事実もあるのです。身長が伸びたり、体重が増えたり、女性の体つきになったりするものです。

小学生や中学生のうちに女性の方が成長が早い理由のなかには、初潮が関係していることもあり、初潮と成長は密接な関係があるのです。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る