寝苦しい夜にサヨナラ!残暑でも快適な眠りに導く環境づくりのポイント

布ナプキンの使い分け

あなたは最近よく眠れていますか?

眠るということは手軽にできる体へのケアといたわりです。睡眠不足が続くと身体の不調の原因に。女性が生理前に経験するPMS(月経前症候群)の悪化に持つながってしまいます。

なので、普段か睡眠の質を維持することを心がけることが大切。そこで今回は快適な眠りへ導く方法をご紹介します。

眠りやすい室温に設定しよう

眠りに入るときは交感神経から副交感神経に切り替わります。この切り替えポイントに大きく関わっているのが体温。体温が下がると副交感神経が働きウトウトと眠くなってきます。

なので、エアコンを節約しすぎて室温高め(もしくは低め)で無理して寝ようと頑張るのはNGです。もし、眠りに入ることができても、不快な室温と湿度では目が覚めてしまいます。

理想的な寝室の温度は夏が25~27度、冬が16~20度程度。そして湿度は50~60%が最適。

眠る時間に合わせて室内温度を少しだけ下げて(上げて)みましょう。寝ている間もつけっぱなしにするのは良くないので、ベッドに入ってから数時間後には切れるようにタイマーセットしてください。

夏は扇風機との併用もおすすめ。扇風機を併用することで空気が循環して部屋全体の室温を一定に保つことができます。このとき注意したいのが直接体に風が当たらないようにすること。体温が下がらず寝付きが悪くなります。

また、冬は眠る前に湯たんぽで布団の中を温めておくと体温が上がりやすくなり、寝付きを良くしてくれます。布団の中を温めておくと、エアコンを使わなくても良いので環境にもやさしいですよ。

寝る前のスマホはやめる

眠ろうとベッドに入る数時間からその直前、そしてベッドに入ってから眠気が襲うまでにこんなことしていませんか?

  • ダラダラと好きな芸能人のツイッターを見る
  • お気に入りやリンクをたどってサイトの閲覧をする
  • 自分が手掛けている仕事先からの業務内容のメッセージをチェックする

これは睡眠の質をガックリと落とし深刻な慢性的不眠を招いてしまいます。目からのまぶしい光は刺激となって脳や体を刺激し興奮させます。その結果、睡眠の質を落としてしまうのです。

なので、眠る前はできるだけパソコンやスマホ・ケータイの着信ランプなどは見ないようにしましょう。

考え事はしない

寝付きが悪くなる原因のひとつが「寝るときに考え事をしてしまう」というケース。簡単に寝つける人に相談しても「考えなければ眠れるでしょ」と言われて悩んでしまうこともありますよね。

そんなときは、好きな音楽を聴きながら横になってみましょう。音量はできるだけ下げてください。同室に家族がいるなら、イヤホンでも大丈夫です。耳元でささやく程度の音が眠りを誘ってくれます。

リラックスできる音楽がベストですが、好きな歌手の曲でもOK!聴きながら歌っている姿を想像できるので、悩み事を忘れて幸せな気分で眠りに入りやすくなります。

香りに敏感な人は、アロマのパワーを利用するのも賢い方法です。リラックスして眠りやすくなるのはラベンダーが有名ですよね。

カモミールも女性には嬉しい効果があります。冷え性や生理痛に効果があるので、体調に合わせて香りを楽しみましょう。

また、嬉しいことや、楽しい思い出を振り返るのもおすすめ。体と脳の緊張がほぐれて眠りを誘います。作り笑いや口角を上げるだけでも良いですね。そうすると脳が勘違いして副交感神経が高まり、寝つきやすくなります。

いかがでしたか?
室内温度を調整して好きな音楽とアロマの中でベッドに入るだけで眠りの質が変わります。自分にとって心地よい環境をつくること。それが快眠への近道なのです。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る