ストレスがPMSの症状を悪化させる原因とストレスを上手に緩和するコツ

PMSとストレス

ストレスは時としてさらなるステップや挑戦を行い自らを成長させようとする刺激剤のような存在になります。しかし、大体は体に悪い影響を及ぼす存在です。

そしてストレスは女性が生理前に悩む苦しいPMSの症状を悪化させてしまう原因でもあります。なぜストレスがPMSを悪化させてしまうのでしょうか?

ストレスがPMSを悪化させ原因

このストレスの悪化メカニズムの一つにセロトニンと呼ばれている脳内神経伝達物質の分泌量の低下があります。セロトニンとは体の中で心などの精神的な安定を維持する働きや効果があるとされています。

これらの関係よりセロトニン分泌量とストレスのアンバランスがPMSの際の焦燥感・不安感・憂鬱などの原因となり症状の悪化へとつながってしまうのです。

ですからストレスを溜めない、セロトニンの分泌量を増加・維持するように心がけることがPMS緩和・予防への効果的なアプローチとなるのです。

セロトニンを増やすためには?

ストレスに対抗できるセロトニンの分泌を増やすためには『規則正しい生活を行う』ことが一番簡単で効果的な方法となります。

規則正しい生活というのはこの時代には簡単そうでかなり難しいのかもしれませんが、夜更かしをせずに早寝早起きをする・朝はちゃんと太陽光を浴びる・咀嚼や排便などをしてお腹の調子を整えることを心がける必要があります。

なかでも特に重要なのがお腹の調子を整えるということです。

その理由は、セロトニンのおおよその9割が小腸にあるということから、お腹の調子の安定がセロトニン分泌量の維持と増加につながりストレスの緩和となってPMSの抑制につながるのです。

また、日光を浴びたり、ウォーキングや首を回す運動、深呼吸、号泣することでもセロトニンを増やすことができます。

朝起きたらカーテンを開けてしっかりと日光を浴び、通勤時間は駅やバス停までウォーキングの時間に。仕事でちょっと疲れたなぁと思ったら首を回したり深呼吸を。そして仕事から帰ったら泣ける映画を観て号泣する。

どれも簡単にできそうですよね。ぜひ今日から実践してみませんか?

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る