激痛で寝たきりになる人続出!?女性を苦しめる子宮腺筋症とは?

子宮腺筋症とは

最近のあなたの生理はどうですか?「経血の量が増えた」、「痛みがひどくなった」という方はいませんか?

このような自覚症状があれば『子宮腺筋症』の可能性があります。子宮腺筋症に苦しむ女性は年々増加しているため人ごとではありません。今回は子宮腺筋症の特徴についてご紹介します。

子宮腺筋症とは一体どのような病気?

通常子宮内膜は子宮の中に作られます。この子宮内膜の剥がれが毎月の生理なのです。

しかしまれに子宮内膜が子宮筋肉の内部に作られてしまうことがあります。すると子宮がどんどん大きく腫れてしまうのです。これを子宮腺筋症と呼びます。

似た病気に子宮内膜症がありますが、子宮内膜症が子宮以外の場所にできるのに対し、子宮腺筋症は子宮のみにできるのが特徴です。

子宮腺筋症の原因についてはまだまだ分かっていません。ですが、年齢を重ねると発症の確率が上がる傾向にあります。20代後半から閉経までの年齢に該当する女性は誰しも罹患する恐れがあるので気をつけましょう。

『痛み』が特徴的な症状

子宮腺筋症の痛みと通常の生理の痛みは似ているようで全く違います。子宮腺筋症は突発的で強烈な生理痛に見舞われる傾向にあるのです。

立てずにうずくまってしまうなど日常生活を送れなくなることも珍しくありません。その上、痛みから過呼吸を起こす人もいます。なので今まで生理痛が気にならなかった程度なのに急激に痛みがひどくなったのであれば要注意。

また通常の生理痛は下腹部、主に子宮部分にて感じられやすいです。しかし子宮腺筋症の痛みは子宮一か所に留まりません。

子宮をはじめとして、肛門・腰・太もも・お尻などにも痛みを感じます。ですから中々治らない腰痛で病院受診をして子宮腺筋症を発見する人も。坐骨神経痛や腰痛、筋肉痛があったら子宮腺筋症を疑いましょう。

ホルモンのせいで子宮腺筋症が発症し子宮が腫れるので当然下痢や軟便、頻尿や残尿感など生理時に起こる症状も痛みと合わせて起こりやすくもあります。

不妊・不育症の原因になることも

残念ながら子宮腺筋症は不妊・不育症になると言われています。妊娠しやすい時期にセックスをしても着床しにくく、さらに着床後も子供が育ちにくいなど子供を望む女性の幸せを妨げます。

子宮腺筋症は一度治療で治ってもまた再発しやすい病気ですから根気良く付き合うのが賢い対処でしょう。家族計画がある人はお早めに治療を受けてくださいね。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る