子宮内膜炎とは?不妊症や流産の原因になる?症状、治療法とは

子宮内膜炎について

子宮内膜炎ってどんな病気?

子宮内膜炎は子宮の内側をおおっている子宮内膜と呼ばれる粘膜が炎症を起こす病気です。

命を脅かすような危険はありませんが、子宮内膜炎が原因で妊娠しづらい身体になることも少なくありません。妊娠中であれば、流産する恐れもある危険な病気です。

子宮内膜の場所

何が原因なの?

子宮内膜炎の原因は、ブドウ球菌や大腸菌、クラミジア、淋菌などの細菌感染です。これらの細菌などが子宮内に入り込み炎症を起こします。

通常、子宮内膜は生理の度に新しく作られるので、炎症を起こしにくいとされています。しかし、産後や中絶後で子宮と膣をつなぐ子宮頸管が開いていると細菌が侵入しやすくなります。

子宮内に避妊リングを挿入した後も同様です。このような時期は子宮内膜炎になるリスクが高まりますので注意しましょう。

また、タンポンの長時間の装着も原因のひとつです。経血は栄養豊富で細菌のエサになりやすく、細菌が好む湿度の高い状態なので、細菌の温床になりやすくなってしまうのです。

どんな症状があるの?

妊娠可能な成人女性の子宮内膜炎は急性と慢性の2種類に分けられ、症状も異なります。

急性の場合は自覚症状を認めるケースが多いです。症状は、下腹部痛・不正出血・悪臭のある膿のようなおりもの・高熱など。排尿痛や排便痛をともなうこともあります。

慢性の場合は、子宮筋層まで細菌が広がり生理の度に新しい子宮内膜に細菌が感染します。しかし、目立った自覚症状が少ないため発症に気づかず放置されることが多く危険です。

症状は生理不順や生理出血量の減少、悪化すると無月経になることもあります。

子宮内膜炎の治療法

子宮内膜炎の治療法は抗生物質の投与です。症状が軽度であれば、内服薬や外用薬で治療できます。症状が重い場合は、入院して点滴や注射で投薬治療が行われます。

重症化しているのに放置を続けると、骨盤まで症状が広がり骨盤腹膜炎になることもあり大変危険です。その場合、緊急手術になることもあります。

子宮内膜炎の予防法

子宮内膜炎の効果的な予防法は子宮内を清潔に保つことです。出産や中絶の後は細菌が入りやすいので、医師から適切な指導を受けてましょう。

日常生活で気をつけたいのは、クラミジアなどの性病感染です。もし、性病が原因で子宮内膜炎を発症したら、必ずパートナーにも治療を受けさせてください。

妊娠を望まない性交のときは、男性に避妊具を装着してもらうことも予防につながります。また、不衛生な状態での性交は細菌感染のリスクも高まるため野外では避け、性交前にシャワーを浴びて清潔にすることも大事です。

また、生理中にタンポンを使用する場合は、長時間放置しないで定期的にきちんと交換しましょう。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る