子宮筋層炎とは?不妊症リスクが高まる?症状、原因、予防方法とは

子宮筋層炎について

子宮筋層炎ってどんな病気?

子宮筋層炎は、子宮の外側の筋肉でできた層(壁)である子宮筋層に炎症が起きる病気です。多くの場合、子宮内膜炎から炎症が広がり子宮筋層まで炎症が及ぶことにより発症します。

子宮筋層炎が慢性化すると、卵管や卵巣にまで広がるケースも少なくありません。放置すると不妊症になるリスクも高まります。

子宮筋層の場所

何が原因なの?

子宮筋層炎を引き起こす原因は、日常生活で比較的多く接触する細菌類(大腸菌・連鎖球菌・ブドウ球菌など)や、性病(淋菌・クラミジアなど)による感染です。

感染経路は下から上に向かって進行することが多く、膣から子宮内、子宮内膜から子宮筋層にまで炎症が拡大して発症します。妊娠可能な成人女性が気をつけたいのは生理中です。子宮内膜がはがれ落ちる生理期間は免疫力が落ちるので細菌や性病に感染しやすくなります。

出産や流産の後も感染しやすい状態になっているので注意が必要です。中絶や婦人病治療のためにやむをえず子宮内に傷を残してしまうことがありますが、この場合も細菌類に感染しやすいので注意しましょう。

閉経を迎えた女性は子宮内膜を作り替えられない身体です。子宮内膜が排泄できないので、膣から侵入した細菌が子宮内膜に感染すると子宮筋層にまで拡大する危険が高くなります。

どんな症状があるの?

子宮筋層炎は子宮内膜炎の症状と良く似ています。下腹部の不快感や痛みのほか、全身症状として微熱をともなうことが多いです。

膿のようなおりものや血が混じったおりもの、不正出血も起きやすくなります。子宮内膜炎より炎症が進行した状態なので症状が重くなることが多いです。

どんな治療をするの?

子宮筋層炎は抗生物質を投与して治療を行います。症状が比較的軽い場合は飲み薬で治癒可能ですが、重症化した場合は点滴による抗生物質投与が行われます。

重症化するほど身体への負担が大きく入院治療になるケースもあるので、気になる症状があれば早めに婦人科を受診しましょう。

子宮筋層まで炎症が広がると進行が骨盤内腹膜まで及んでしまうケースもあり危険です。不妊症リスクも高くなります。

子宮筋層炎の予防法

身体に悪影響を及ぼす細菌類と性病感染に気をつけることが最善の予防方法です。でも、日常生活の至るところに無数の細菌が潜んでいるので、完全にシャットアウトすることはできません。

身体の内部から免疫力を高めて心身を健康に保つことも大切です。栄養バランスの良い食事と規則正しい生活を心がけ、睡眠不足やストレスに気をつけるだけでも予防につながります。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る