子宮頸管炎とは?不妊の原因にもなる?症状、原因、予防方法とは

子宮頸管炎について

子宮頸管炎ってどんな病気?

子宮の下部のくびれた部分である子宮頸管に炎症が起きてしまう病気です。膣から細菌が侵入して感染すると、膣に近い子宮頸管にも感染しやすくなるのです。

悪化すると子宮内部や卵巣まで炎症が広がることも多く、また炎症により精子の侵入も阻んでしまうため不妊につながってしまうこともあります。

子宮頚管の場所

何が原因なの?

おもな原因は、クラミジアや淋菌などの性病感染や、ブドウ球菌、大腸菌など一般細菌の侵入です。性交や出産などで膣が傷つくと細菌に感染しやすくなり、子宮頸管炎の発症につながります。

さらに膣内に挿入するタンポンも子宮頸管炎の原因のひとつです。経血は細菌の栄養源となりやすく、長時間の使用は細菌を増殖させやすい環境を作ってしまうのです。

どんな症状があるの?

特徴的な症状はおりものの色や状態の変化です。色や状態は感染した細菌によって違いますが、多く見られるのは黄色っぽいおりものや、ネバネバした膿のようなおりものです。

発症初期は、おりもの異常以外の症状は少ないですが、性交時の痛みや不正出血をともなうこともあります。子宮頸管が炎症を起こして腫れているので非常に出血しやすいのです。

感染した細菌の種類によっては、急激に症状が悪化することもあります。この場合、下腹部痛や発熱をともなうことが多いです。すぐに治療を開始しなければ、子宮内部や卵巣まで危険にさらすことに…。

仮に放置して症状が治まったとしても、慢性化して繰り返す可能性が高いです。子宮頸管は子宮の入り口なので、ここで炎症を抑えなければ骨盤内腹膜まで拡大することもあります。

どんな治療をするの?

炎症の原因となっている細菌を検査で特定し、その細菌に応じた抗生物質や抗菌薬などの投薬治療が行われます。投薬方法は膣剤や飲み薬が一般的です。炎症が強い場合は入院して点滴治療になることもあります。

治療中は、性交を制限し子宮頸管を休ませることが大事です。治療しながら性交を続けると回復がどんどん遅くなります。パートナーには病気であることを伝えて理解してもらいましょう。

もし、性感染症が原因で子宮頸管炎を起こしたのなら、パートナーにも治療が必要です。

子宮頸管炎の予防法

若い女性が子宮頸管炎を発症する原因の多くはクラミジアなどの性病感染によるものです。不特定多数の異性との性交を避け、膣内を清潔に保つことが予防につながります。

ただし、膣内の酸性環境を乱す恐れのある過剰なビデ洗浄やシャワー洗浄は避けましょう。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る