子宮頸がんにもなる?子宮頸部異形成って何?

子宮頸部異形成

子宮頸がんは聞いたことがあっても、子宮頸部異形成という言葉を聞いたことがある人は少ないのではないでしょうか。ここでは子宮頸部異形成とはどのようなものなのか詳しくご紹介していきます。

子宮頸部異形成とは?

子宮頸部異形成とは、子宮頸がんの前がん状態のことです。子宮頚がんではないですが、変化した細胞があるということになります。特に症状はなく、まれに不正出血やおりものの増加などがみられます。

子宮頸部異形成はヒトパピローマウィルスが原因と言われ、一般的にヒトパピローマウィルスの感染によって発症した異形成の約90%程度は、体の免疫力で自然に消滅します。

ただ、残った一部はがんへと進行していくのです。その過程の途中でヒトパピローマウィルスがすべて消滅した場合は、異形成も同時に治ります。

異形成はいずれがんになる可能性のあるものですが、「がん」ではないので安心しても良いといえるでしょう。

異形成も症状が軽い場合は自然に治ります。今大きいものがあっても、いずれは自然に治ると考えられているので、治療をしないのが通常なのです。

子宮頸部異形成の治療法

子宮頸部異形成は軽症の場合は治療は必要ないですが、進行度が高度になったときは治療をしなければなりません。

現在、最も多く日本で行われている1つが円錐切除術です。メス、電気メス、レーザーメスなどいろいろな器具を使用し、高熱で組織を焼き切るので出血も少ないのが特徴です。

麻酔を使用するので、場合によっては日帰りや次の日には退院できることが多いです。

もし自分が子宮頸部異形成と診断されたら?

子宮頸がんが発症している人は、現在でも数多くいます。特に若い世代には増加傾向にあるので、恐れている人も多いのではないでしょうか。

先ほども説明したように、子宮頸部異形成はがんではありません。そのため、多くの人は自然に治るのです。ただ、いざ自分が子宮頸部異形成と診断されるとどのようにしたら良いのか分からない人も多いと思うのです。

そんなときは、心を落ち着かせてみてください。そして、定期的に検診を受けましょう。

もちろん、普段行かない病院に通い、焦る人や不安になる人もいるかもしれませんが、一人一人治療法も分かってきますし、医師に相談をしながら治していくことで完治することでしょう。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る