再発を繰り返しやすい!カンジダ膣炎の症状と治療&予防方法

カンジダ膣炎について

カンジダ膣炎は、カンジダというカビの一種が原因で起きる症状です。女性に多く、症状はそう深刻なものではありませんが、放置すると再発を繰り返すことにもなりかねません。

どのように感染するの?

カンジダの感染源は、大きく分けて性行為によるものと自己感染の2つ

性行為

性行為による感染はわずか数%程度です。なので、性的な行為の経験がなくてもカンジダ膣炎は発症します。

自己感染

自己感染とは、もともと自分の体内にいる常在菌が増殖して感染することをいいます。

カンジダ菌も体内にも存在する常在菌のひとつです。健康な時には菌のバランスが保たれているために、むやみに増殖して悪さをするようなことはありません。

しかし、抗生物質やステロイド剤の利用、ストレスや睡眠不足などによる免疫力の低下、ホルモンバランスの変化、陰部のムレや不潔な状態などによりカンジダ菌が増殖し、さまざまな症状を引き起こすに至ります。

カンジダ菌は口内や腸管に生息するため、自己感染では口腔や性器に症状が出ることが多くなります。女性の場合、妊娠中もカンジダ膣炎になりやすいといわれており、出産時に産道を介して赤ちゃんに感染する可能性もあります。

どんな症状があるの?

カンジダ膣炎の症状は、ヨーグルト状やカッテージチーズ、酒かす状のポソポソしたおりものなどが特徴です。また、激しいかゆみをとなもうため、「おりものの異常+かゆみ」の症状があればほぼカンジダで間違いないでしょう。

このほか性器の炎症や性交痛などもまれにみられ、炎症がひどくなるとヒリヒリした痛みをともないます。

どんな検査・治療をするの?

検査

膣や外陰部などの内診と菌を検査します。カンジダ菌は常に存在しているため、「症状+菌の検出」でカンジダ膣炎と診断されます。

治療

膣内洗浄や、外用の抗真菌剤の塗布などによって行ないます。膣洗浄は1~2回、外用薬は1~2週間ほど続けます。かゆみやおりものの異常がおさまれば治療完了といえますが、念のため診察でもチェックしてもらっておくと安心です。

カンジダ膣炎の予防方法

カンジダは再発率の高い病気です。かゆみなどの不快な症状をともなうため再発しないよう心がけることが大切。日頃から以下の点に気をつけましょう。

免疫力の低下を防ぐ

カンジダの再発のおもな原因は免疫力の低下。ストレスや疲労を軽減し、健康的な生活を心がけましょう。適度な運動や、バランスの良い食生活、睡眠をしっかりととることも大切です。

陰部のムレを防ぐ

カンジダ菌は温度や湿度の高い状態を好みます。下着は通気性の良い綿製品にする、蒸れやすいストッキングや厚手のパンツをはかない、入浴後は陰部をしっかりと拭く、ナプキンなどの衛生用品はこまめに交換するなど、陰部のムレを防いでカンジダが繁殖しにくい環境にすることも心がけましょう。

陰部の洗いすぎにも注意する

膣内にはカンジダ菌などの細菌の増殖を抑え、菌のバランスを保っているデーデルライン桿菌(かんきん)という常在菌がいます。

石けんなどで陰部を洗ってしまうとこのデーデルライン桿菌が減少し、菌のバランスが崩れカンジダ菌が増殖しやすい環境になってしまいます。なので、陰部はお湯のみで洗うようにし、ビデの使いすぎにも注意しましょう。

またカンジダ菌は腸管にもいるので腸からの感染を防ぐために、トイレの後(大の時)は前→後ろに拭くように心がけてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る