細菌性膣炎とは?どんな症状があるの?原因、治療法、予防法とは

細菌性膣炎について

細菌性膣炎ってどんな病気?

細菌性膣炎は、膣内で炎症が起きている状態です。性交を経験していない幼い子供から高齢者まで年齢層に関係なく幅広い年代で発症します。

何が原因なの?

膣内の細菌のバランスが乱れることにより、細菌や雑菌などが膣内で増殖してしまうことが原因です

膣内は通常、正常な膣内環境を保つために細菌のバランスが保たれています。このバランスを保っているのが乳酸菌の一種である「デーデルライン桿菌(かんきん)」です。膣内を強い酸性に保ち細菌や雑菌の繁殖を防いでいます。

正常な膣内環境

しかし、デーデルライン桿菌はとてもデリケート。体調不良や疲労などが原因で膣内環境は簡単に崩れることが多いのです。風邪などで病院にかかり、処方された薬を服用するだけでも死滅することがあります。

バランスが崩れた膣内環境

膣の入り口は外気に触れやすい位置にあり、細菌にとっては格好の入り口です。体に悪影響を与える細菌類が侵入しても、膣内の防御システムが正常に機能していれば細菌類は死滅します。

ですが、デーデルライン桿菌などの乳酸菌類が減って膣内の細菌バランスが崩れると、炎症を引き起こす細菌類が増殖し始めます。

細菌性膣炎の原因を作っているのは、膣内や腸内など、どこにでも生息している一般的な細菌や雑菌類(大腸菌やブドウ球菌、レンサ球菌など)です。

大きな危険は少ない病気ですが不妊症や性病リスクが高まるので、放置せずに婦人科で治療することが大事です。

どんな症状があるの?

細菌性膣炎は症状が軽ければ気づかないこともありますが、悪化すると不快な症状を引き起こします。おりものは魚のような悪臭を放ち、色は灰色あるいは黄色っぽい色をしており、粘性はなくサラサラしています

炎症が強くなると、排尿時に痛みを感じることがあります。かゆみが発生することも少なくありません。デリケートゾーンにいつもと違った不快な症状を感じたら、発症している可能性があります。

細菌性膣炎の治療

細菌性膣炎の一般的な治療は、膣内を洗浄してから膣剤や飲み薬の投与で症状を緩和させていく方法です。早ければ数日以内に効果があらわれますが、完治したわけではありません。細菌の種類や症状によっては治療が長期に渡ることもあります。

現在、細菌性膣炎を確実に治療する方法は見つかっていません。そのため、膣内環境を正常な状態に近づけることで、症状を緩和させる治療が行われます。

また、悪影響を及ぼす細菌を一時的に除去するだけではなく、膣内のバランスを保つ乳酸菌類を増やすことも大切です。投薬治療と並行して、バランスの良い食事と規則正しい生活で乳酸菌が増えやすい体内環境を作っていきましょう。

予防するには?

細菌性膣炎は、偏った食習慣や不規則な生活を改善し、免疫力をアップさせることで予防することができます。性生活は、不特定多数との頻繁な性交を避け、安心できるパートナーを見つけましょう。

膣内の細菌が気になって洗浄しすぎるのも良くありません。細菌類だけでなく、乳酸菌類も減ってしまいます。タバコは乳酸菌の働きを阻害するので細菌性膣炎の再発を招きます。喫煙者は禁煙する努力をしましょう。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る