プレ更年期は更年期障害ではない!更年期への予行演習ととらえよう

プレ更年期について

女性の平均閉経年齢が50歳、その前後5年くらいに起きる心身の不調が更年期障害です。

最近では30代後半から更年期障害の頭痛やほてりといった体の症状から、やる気の低下、不安症状など更年期に似た症状が出始める人も増えています。

こういった状態をプレ更年期と呼びますが、実はこれ更年期障害とは全くの別物なんです。

卵巣機能は衰えるけどまだ現役

そもそも「普通の」更年期障害とは、女性ホルモンエストロゲンが急激に出なくなるため、女性ホルモンを出したい脳と体の衰えのギャップが、心身のアンバランスにつながり、各種不調が出てくる状態なんですね。

しかし、プレ更年期と呼ばれる30代後半世代は、エストロゲンの分泌は極端には減っていません。でも、この年齢から妊娠しづらくなるのも、また事実…。

つまり、少しずつ卵巣の機能は衰えてきてはいるのですが、女性ホルモン分泌は問題ない、という中途半端な年齢なのです。

プレ更年期の不調の原因は、卵巣機能が低下してきたところに、ダイエットや睡眠不足などの体のストレスや、結婚、仕事などの心のストレスが加わり、自律神経の働きが狂ってしまうためです。つまりプレ更年期は、自律神経失調症のような状態なんですね。

30代後半は辛いよ~~

30代後半というのは女性にとっては1番悩みの多い時期・・。育児、もしくは不妊や、晩婚化の今、結婚に焦る人も多くいますね。

育児や婚活に忙しく仕事との両立も大変。しかも、妊娠がまだ可能な年齢なので、結婚や不妊治療に切羽詰まることも多いのです。

こういった状況が大きなストレスになり、自律神経が狂って更年期と同じような疲労感、うつ症状などが出てきてしまうのです。

また困ったことに、この不調によるストレスが女性ホルモンの分泌を狂わせてしまい、より悪循環になっていくんですね。ですから、プレ更年期を回避するにはストレスを取り除くしかないのです。

プレ更年期を乗り切るには?

プレ更年期は「もうすぐ女性ホルモンが出なくなるよ」という告知とも言えます。

ですから、プレ更年期の時期に不調を回避する対策を身につけておくと、本当の更年期ラクに乗り切れる可能性があります。乗り切る方法は心身両面あります。

栄養をしっかりとる

特に大豆など、女性ホルモン分泌の後押しをするものを意識してとりましょう。この時期に豆乳を飲んだり、食事にうまく取り入れる習慣をつけておくと良いですね。

またビタミン類も女性ホルモン分泌には大事。オクラなどのねばねば系野菜がおすすめです。更年期障害からくる骨粗鬆症に備え、小魚などカルシウムが多いものを取り入れるのも〇!

ビタミンやたんぱくが多く脂肪が少ないメニューは、中高年以降の健康な体つくりに欠かせません。30代後半から慣れておくと、更年期を乗り切るどころか老年になっても健康を維持できます。

規則正しい睡眠を心がける

規則正しい睡眠は、自律神経を安定させ脳の働きを安定させてくれます。集中力を欠いたり、イライラしたりということが最低限に抑えられます。

また血行を良くすることも大事です。適度な運動やお風呂は煮詰まった頭をリセットする効果もあります。

プレ更年期をうまく乗り切る方法を身につければ、その後の更年期障害が起きない可能性も大。心身の不調は、生活を見直そう信号だと思い、できることからやってみてください。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る