もしかしてあなたのPMSはこれが原因?PMSの症状を悪化させる4つの習慣

PMSの悪化

冷えや肌荒れ、むくみなど、女性のマイナートラブルは生活習慣が深く関わっていることも多いですよね。生理前の憂鬱な症状、PMSも例外ではありません。では、PMSを悪化させる習慣にはどんなものがあるのでしょうか。

1日何杯もコーヒーを飲む

オフィスワークや在宅ワークの方など、自由にコーヒーをいれて飲むことができる環境にいると、1日に10杯近く飲んでいることもめずらしくないようです。が、カフェインの摂り過ぎは残念ながらPMSを悪化させてしまいます。

かといって「いきなりコーヒーなしの生活なんてもう考えられない!」という方も多いと思います。

生理前1週間ほどを目安に、「エスプレッソ少なめのアメリカンにする」「カフェインレスのハーブティーと交互に飲む」「たんぽぽコーヒーなど代替コーヒーを飲む」など、無理なく減らす工夫をしてみてはいかがでしょうか。

関連記事:コーヒー好き必見!PMSでも気軽に飲めるノンカフェインの代替コーヒー3選

生理前になると甘いものを食べてしまう

ある意味自然なことではあるので、こちらも無理に我慢するのはおすすめしません。ですが、食べるスイーツの選び方にはぜひ気をつけてみてください。

チョコレートなどの刺激物や、白砂糖と乳製品たっぷりの「ふわとろ系」スイーツはできるだけ避けるのがポイント。

おすすめはドライフルーツ。自然な甘さとかみごたえの両方で欲求を満足させてくれます。生理前は便秘になるという方にも一石二鳥ですよ。

関連記事:生理前の食べ過ぎをなんとかしたい!PMSの過食を乗り切る4つの方法

喫煙

生理前のイライラでさらにタバコの本数が増加……なんて方も少なくないようですが、もしPMSに悩んでいるなら、禁煙の価値はあるかもしれません。

今は禁煙といっても「ひたすら1人で我慢」から「専門家や医師と二人三脚」へと変わってきています。PMS対策を別にしても、タバコはやめて悪いことはありませんから、PMSをきっかけに相談にいってみるのもいいのではないでしょうか。

生真面目でつい我慢してしまう

PMSに限らず、「辛くてもとりあえず我慢」という癖のついている人や、「なんでもきちんとやらないと気がすまない!」といった完璧主義者さんもPMSが悪化しやすいようです。

日頃からストレスもためやすいタイプであることも、悪化させやすいということにつながっているのかもしれません。

PMSは異性や、同性でも経験のない人には伝わりにくい症状ですが、パートナーや職場の上司にわかってもらったり、辛い時には休息をとったりすることも大事かもしれませんね。

いかがでしたか?

ほかにも不規則な食事やアルコール摂取、睡眠不足、スマホ依存などもPMSを悪化させるといわれています。なかなかやめられないことだからこそ、少しの努力で効果も実感しやすいですよ。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る