おりものシートで不快感や下着の汚れを防ごう!メリット・デメリットまとめ

おりものシートで対策

おりものの量が多いと気になるのが下着の汚れや、ムレによるかぶれ・かゆみなどの不快感。

特に夏は汗もかきやすくムレによるニオイも気になってしまいますよね。さらにお気に入りの下着が汚れてしまうとストレスになってしまうことも。

そんなときにぜひ利用してほしいのがおりものシートです。その名の通りおりもの専用の生理用品で、下着の汚れや不快感を防ぎます。

おりものシートのメリット

下着が汚れない

おりものの汚れは意外と残りやすく、だんだんと下着が黄ばんできてしまいます。おりものシートは汚れたらこまめに交換することができるので、下着に汚れが残りません。下着が汚れにくいので劣化を防ぎ長持ちします。

衣服への染みこみを防ぐ

量が多いと下着を通り越して衣類にまで染みこんでしまうことも。おりものシートは、おりものを吸収してくれるので衣類への染みこみを防ぎます。

ムレを防ぐ

下着におりものがついたままだと湿ってムレの原因に。さらにムレによるにおいやかぶれ、かゆみなどの不快症状につながります。おりものシートは汚れたら交換できるので、常に快適な状態を保てます。

急な生理に対応できる

生理周期が順調でも生理の始まるタイミングはわかりにくいもの。生理予定日までまだ期間があるにもかかわらず、急に始まってしまうことも。おりものシートを使用すると、急な生理にも対応できるので下着を汚さずにすみます。

また、生理の終わりかけなど少ない日にも利用できるので便利です。

軽い尿もれにも対応できる

くしゃみやせきをしたときにハッとしてしまうのが尿もれ。特に産後は骨盤底筋がゆるんでいるので尿漏れしやすいです。おりものシートなら軽い尿もれにも対応でき、下着や衣類への染みこみを防ぎます。

おりものシートのデメリット

異変に気づきにくい

おりものは健康のバロメーター。色やにおいの変化で体調不良や病気に気づくこともできます。しかし、おりものシートを常用すると色やにおいの異変に気づきにくくなります。

なので、お風呂やトイレに入った際に直接膣の入口をさわってときどきおりものをチェックすることが大事です。

長時間の着用で雑菌が発生することも

長時間交換しないままでいると雑菌が繁殖しやすくなります。特に使い捨てシートは通気性が悪く、湿度や温度が雑菌の繁殖に適しています。3~4時間に1回は交換しましょう。

関連記事:
おりものシートはどれがいい?使い捨てVS布製のデメリット比較
布おりものライナー(シート)の選び方とお手入れ方法

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る