おりものって何?どんな役割があるの?おりものについて知っておこう!

おりものの役割

ショーツが汚れたり、かがんだときにニオってしまったり不快に感じてしまうことも多いおりもの。あなたはこのおりものはどんなもので、どんな役割があるか知っていますか?

よく知らないという方が多いのではないでしょうか。そこでここでは「おりものとはどういうものなのか」「どんな役割があるのか」ご紹介していきます。

おりもののことを知ることでおりものに対する意識も変わってくるかもしれません。

おりものって何?

おりものは医学的には「帯下(たいげ)」と言います。このおりものは実は女性器から出るさまざまな分泌液が混ざり合ったものです。

たとえば、

  • 子宮内膜や子宮頚管の粘膜だったり、
  • 膣粘膜の分泌液やはがれ落ちた古い細胞だったり、
  • バルトリン腺や皮脂腺、汗腺からの分泌液だったり・・・。

おりものは初潮が始まる10代から増え始める方が多く、20代30代に突入すると量も少しずつ増えて、40代以降になると徐々に減っていきます。特に性成熟期である20~30代がピークでいつも多少のおりものがあるのが普通なのです。

おりものの役割

「おりものって病気なの?」と悩んでいる方もいらっしゃるかもしれませんが、健康的な女性なら誰でもあるものなので病気ではありません。逆におりものにはとても大切な役割が2つあるのです。

病気を防ぐ

まず1つめが私たちが病気にならないようにしてくれるということです。膣の入口は肛門の近くにありますよね。実は、膣と肛門が近いと大腸菌などの雑菌が膣口から体内に入りやすくなってしまうのです。

おりものは膣の中を酸性に保ち、大腸菌などの悪い病原菌や雑菌が入らないように子宮や卵巣を守ってくれるはたらきをしてくれるのです。これを「膣の自浄作用」といいます。

また、おりものにはいらなくなった老廃物を外に出してきれいしてくれるという役割もあります。

妊娠しやすくする

2つめが精子の侵入をしやすくして受精の手助けをすることです。排卵期前後のおりものは、量も増えて卵の白身のように透明でドロッとしています。これは精子が子宮内に侵入しやすいようにするためです。

膣内は普段、病原菌が入らないように酸性を保っているため、アルカリ性の精子が膣内に侵入するとすぐに死んでしまいます。

そうならないように排卵期は、弱アルカリ性のドロッとしたおりもので精子が長生きして卵子と出会いやすいようにしてくれるのです。

おりものは健康のバロメーター

おりものは健康のバロメーターと言われるほど、おりものからわかる婦人科の病気もたくさんあります。女性の身体はとてもデリケートなので、病気になったときはなんらかのサインを送ってきます。

そんな大切なサインを見逃さないように日頃からおりものチェックを心がけましょう。

あなたのおりものは正常?それとも…。今すぐセルフチェックしてみよう!>>

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る