病気のサインのことも?ピンク色のおりものが出る原因

ピンク色のおりもの

おりものがピンク色っぽい場合は、血液が少量混じっていることがあります。つまり、不正出血によりおりものに血が混じってピンクっぽい色になってしまうのです。

また、血の混じる量が多ければ、茶色または、赤いおりものがみられることもあります。不正出血で考えられる病気には子宮頸管ポリープ、子宮頸がん、子宮体がん、老人性膣炎があります。

子宮頸管ポリープ

子宮頸管ポリープは、赤ちゃんが出産の際に出てくる通り道である子宮頚管にできる良性のポリープで、成熟期の女性に多く見られます。

おりものに血が混じるほか、性交後や激しい運動の後に出血しやすくなるのでこのような症状がある場合は病院を受診しましょう。ポリープが小さい場合は日帰りでポリープを除去する手術を行うのが一般的です。

関連記事:どんな病気?「子宮頸管ポリープ」の特徴的な症状と原因まとめ

子宮頸がん

子宮頸がんは、子宮頸部にできる悪性の腫瘍です。初期は無症状のことが多く、進行するにつれておりものの量や不正出血、血の混じったおりものが増えたり、性交後に出血することがあります。

さらに進行すると腰痛や背部痛、粘液性もしくは水のようなおりものに血が混じることがあります。また膿が混じって悪臭を放つこともあるので、少しでもおかしいと感じた場合は手遅れになる前にすぐに病院を受診しましょう。

関連記事:子宮頸がんってどんな病気?子宮頸がんができるメカニズムについて

子宮体がん

子宮体部の粘膜から発生する悪性の腫瘍です。おりものに血が混じったり、不正出血などの症状があります。進行すると出血量が増えて膿性となり悪臭をともなうこともあります。

また下腹部痛や排尿痛、性交痛を感じることもあります。子宮体がんは更年期に多いので、閉経後の不正出血や生理以外の出血が長く続く場合は注意が必要です。

関連記事:子宮体がんってどんな病気?体がんができるメカニズムについて

老人性膣炎

閉経後によく見られる膣炎です。閉経を迎えると女性ホルモンの分泌量が低下し、膣内の自浄作用も低下します。自浄作用が低下することによって細菌が増加し、それにより膣壁が萎縮して膣炎を引き起こしてしまうのです。

血の混じったピンクのおりものが増えたり、黄色いサラサラしたおりものが増えることもあります。また、膣の不快感やかゆみ、性交痛のほか、悪臭をともなうこともあります。

関連記事:老人性膣炎とは?閉経後の女性に起きやすい?症状、原因、予防法とは

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る