おりものは年齢とともに変わる?年代別でみるおりものの変化

おりものと年齢

実はおりものは一生、量や状態が同じというわけではなく年代によって量や状態が変わってきます。これは女性ホルモンの分泌によるためです。

たとえば、妊娠しやすい年代は女性ホルモンの分泌量も増えるので、おりものの量も多くなります。逆に閉経すると女性ホルモンが減るためおりものは少なくなります。

ここでは年代別におりものの量や状態を詳しく解説していきます。

10代

10代は初潮を迎える時期です。そのため初潮の少し前から女性ホルモンの分泌が始まります。女性ホルモンにはおりものの分泌を促すはたらきがあるためおりものが見られることもあります。

おりものが見られるということは、もうすぐ初潮を迎えるというサインでもあります。なので、いつでも生理が来てもいいようにナプキンなど生理用品をそろえておくと安心です。

初潮を迎えるとおりものが少しずつ増えはじめますが、女性ホルモンの分泌が不安定な時期のため、おりものも増えたり減ったりします。

20~30代

もっとも妊娠可能な年齢のため、女性ホルモンの分泌量もピークを迎えおりものの量も一番多い年代です。おりものの量など個人差もはっきりしてきます。

女性ホルモンが安定してくる時期でもあり、妊娠や出産にむけてカラダが整えられます。その反面、仕事や育児などで疲れやストレスなどが溜まりやすく、その影響がおりものにあらわれることもあります。

いつもより量が増えて水っぽい場合は、疲れやストレスが溜まっていることも。おりものは健康のバロメーターといわれるほどでおりものの異常でわかる病気などもあります。

「いつもと色や量が違うな?おかしいな?」と感じたら体からのサインと考えてゆっくり休んだり、異常を感じたら早めに婦人科で相談することが大切。放っておくと病気が進行したり、不妊につながってしまうこともあります。

また、30代後半になるとにおいがきつくなってくる人もいますが、これは新陳代謝が低下してくることが影響のため正常なことです。ただし、魚の腐ったような悪臭がある場合は、婦人病や性感染症のこともあるので要注意。すぐに婦人科を受診しましょう。

40代~閉経期

女性ホルモンの分泌量が減るため、おりものの量も徐々に減っていきます。おりものの量が減ってくると閉経が近いというサインのことも。

女性ホルモンの減少により生理周期や経血量も不安定になります。閉経が近づいてくると生理不順になることは正常なことですが、この年代は子宮体がんに気をつけたい年齢。

子宮体がんの初期症状のひとつに不正出血がありますが、この不正出血を生理の出血と勘違いしてしまうこともあるのです。人によってはおりものに血が混ざってピンクや茶褐色のおりものが出ることもあります。

なので、40代以降はわずかな出血や血が混ざったようなおりものがでる場合は、子宮体がんを疑いすぐに婦人科で診てもらいましょう。

閉経後

閉経して2~3年経つと卵胞ホルモン(卵巣で作られる女性ホルモン)がほとんど分泌されなくなります。そのためおりものがほとんど出なくなり乾いてきます。

女性ホルモンが減少すると骨粗しょう症や動脈硬化などの病気になりやすくなります。このような病気を防ぐためには、適度な運動やバランスの良い食事など規則正しい習慣を心がけることが大切。閉経後以降の老年期を健康に過ごせるよう心がけていきましょう。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る