水っぽい・さらっとしているおりものが出る原因

水っぽいおりものの原因

水っぽい・さらっとしているおりものが出る原因は大きく分けて2つあります。ここではその原因について詳しく解説していきます。

生理的なことが原因

まず1つめは生理的な原因によるもの。

生理周期

実はおりものは生理周期によって状態が変化します。水っぽくさらっとしたおりものがでるのは生理直後。臭いや色に異常がなく、生理後の2週間が水っぽいものであれば、生理的な分泌液なので心配ありません。

また、生理直後に血が少し混じることもありますが、生理の血が混じったものなのでこれも心配ありません。

妊娠によるもの

妊娠すると人によっておりものの量が増え、水っぽくさらさらしたおりものがみられます。これは体内への雑菌の侵入を防いで雑菌から胎児を守るために、黄体ホルモン(女性ホルモンに一種)が盛んに分泌されるから。なので心配はありません。

ただし、下着がびっしょりぬれる量や常に水が出ている感じがある場合は、破水していることも考えられるので産婦人科を受診しましょう。

胃腸が弱っている

胃腸が弱っていると白くて水っぽいおりものがでることがあります。辛いものや冷たいものなど胃腸に刺激となるものは避けて、胃にやさしい食べ物や飲み物をとりましょう。

性感染症や婦人科疾患などが原因

水っぽかったりさらっとしているおりもので注意したいのが、それ以外の症状がある場合。このような場合は、性感染症や婦人科疾患など病気が原因の可能性が高いです。考えられる病気には以下のようなものがあります。

性感染症

おりものが黄色っぽくて水っぽい場合はクラミジア感染症、悪臭やかゆみをともなう場合はトリコモナス膣炎の可能性があります。

女性の場合、自覚症状がない場合も多いですが、これらの性感染症は放置しておくと不妊症などにつながってしまうこともあります。少しでもおかしいなと感じたら早めに婦人科などを受診しましょう。

関連記事:
クラミジア感染症とは?症状、感染源、検査、治療法まとめ
トリコモナスとは?症状、感染源、検査、治療法まとめ

細菌性膣炎

黄色くてべたつくような感じがあり水っぽい場合は、細菌性膣炎の可能性があります。細菌性膣炎は細菌の増加による腟炎です。おりものの量が増えたり、悪臭をともなうこともあります。自然治癒することもありますが再発することも多々あります。

関連記事:細菌性膣炎とは?どんな症状があるの?原因、治療法、予防法とは

子宮頸がん

特に注意したいのが『子宮頸がん』。子宮頸がん患者のなかには水っぽいおりものが症状としてあらわれることも多いのです。特におりものシートでも足りないくらい大量に出る場合は要注意。

また水っぽいおりものの他におりものに血が混じったり、不正出血や性交後に出血することもあります。さらに進行すると腰痛や背部痛、膿が混じって悪臭を放つおりものがでることもあります。

水っぽいおりものは尿もれとも間違えやすいですが、これらの恐ろしい病気が隠れている場合もあります。「ただのおりもので病院に行くなんて…」と思いがちですが、おりものの変化は体からのサインと考え異変に気づいたら早めに病院を受診しましょう。

関連記事:子宮頸がんってどんな病気?子宮頸がんができるメカニズムについて

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る