量や色が変なおりものは体からのSOS!セルフチェックで病気を発見しよう

おりものセルフチェック

ショーツに付着しているおりもの、普段何気なく見ていますがしっかりチェックしていますか?

おりものはただの分泌物ではなくて病気や体の状態が分かるメッセージ。肛門付近に位置する生殖器にバイ菌が侵入しないように守ったり、バイ菌を排出する働きがあります。また、受精をしやすくする働きもあります。

ショーツが汚れて嫌悪感を抱くかもしれませんがおりものは女性のための味方です。ですから毎日確認するようにしましょう。

まずはおりもののサイクルを知ろう!

一般的に正常なおりもののサイクル(おりものの増減や粘度など)は、エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンに左右されます。

エストロゲンの分泌量が増えるとおりものの分泌量もそれに付随するのです。ですからおりものの分泌量の変化で生理が近いなどの予想ができます。

おりもののサイクル

  • 生理後・・・おりもの/エストロゲン/黄体ホルモン
  • 卵胞期・・・おりもの/エストロゲン/黄体ホルモン
  • 排卵期・・・おりもの/エストロゲン/黄体ホルモン
  • 黄体期・・・おりもの/エストロゲン/黄体ホルモン
  • 生理前・・・おりもの/エストロゲン/黄体ホルモン

目と鼻でおりものの状態を詳しくチェック

おりものは生殖器の状態を判断できるチェッカーのような役割もあります。もしおりものをセルフチェックする時には視覚と嗅覚を活用するようにしましょう。下記のポイントを意識するように気をつけてください。

  • 視覚・・・おりものの乾燥具合、色、粘度を調べる
  • 嗅覚・・・おりものの香りを調べる

こんなおりものが出たら要注意

おりものの増減と粘度に関しては卵胞ホルモンに左右される場合が多いものの、色の変化は生殖器内部の状態に左右されやすいです。

ですからおりもののわずかな色や状態の変化を確認したら産婦人科にて検査を受けるようにしてください。重篤な病気が隠れている可能性があるのでお早めに。

  • 白色・・・子宮頚管炎・膣カンジダ(+ヨーグルトのようなとろみ)
  • 黄色・・・トリコモナス(+泡)・クラミジア(+下腹部痛)・腟炎・淋病(+発熱)
  • 緑色・・・腟炎
  • 茶色・・・不正出血・チョコレートのう胞(+水気)・ポリープ・子宮体ガン
  • ピンク・・・不正出血
  • 黒色・・・不正出血・月経困難症・子宮頸ガン

※いずれの病気も悪臭をともなう傾向にあります

必ずしも上記おりものが確認されたから病気を患っているとも言えません。ストレスや免疫機能から色や粘度などはすぐに状態を変えてしまうからです。とにかく自己判断を避けるようにして産婦人科で治療を受けましょう。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る