クリーム状のおりものが出る原因

クリーム状のおりもの

おりものがクリーム状をしていると心配になってしまうもの。しかし、おりものは個人差があり人によってはクリーム状のこともあるので心配ありません。

ですが、なかには病気が原因のこともあるので必ずしも大丈夫とはいえません。そこでここではクリーム状のおりものが出る原因を解説します。

一番考えられるのはカンジタ膣炎

カンジタ膣炎でよくみられるおりものの症状といえば『ヨーグルト状』『カッテージチーズや、酒粕、豆腐のかすのようにポロポロしている』というもの。

しかし、なかには『白いクリーム状のおりもの』が出てくる場合もあります。おりものが増えたり、外陰部や膣にかゆみや熱さ、痛み、炎症などがあったり、性交痛や排尿痛などをともなう場合はカンジダ膣炎の可能性が高いです。

カンジダ膣炎の原因となる真菌(カビの一種)は、人の体内にいる常在菌のため性行為だけではなく、疲れやストレス、睡眠不足などで抵抗力が落ちている場合にも発症することがあります。

一度完治しても抵抗力が落ちている時に再発を繰り返すこともあります。特にかゆみなどの症状は不快なもの。再発を防ぐためには身体を休めて疲れをためないことが大切です。

関連記事:カンジタ膣炎とは?症状、感染源、検査、治療法まとめ

その他の性感染症の疑いも

クリーム状のおりものは、クラミジア感染症やトリコモナス膣炎など、その他の性感染症でも出る場合があります。悪臭やかゆみなどをともなう場合は、クラミジアやトリコモナスの可能性が高いので婦人科や性病科などですぐに検査しましょう。

放置しておくと症状が進行して不妊症や子宮外妊娠、早産、流産をまねいてしまうこともあります。怖がらずに病院を受診して検査を受けてくださいね。

関連記事:
クラミジア感染症とは?症状、感染源、検査、治療法まとめ
トリコモナスとは?症状、感染源、検査、治療法まとめ

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る