子宮内膜増殖症とは?子宮がんリスクにも?症状、原因、予防方法とは

子宮内膜増殖症について

子宮内膜増殖症ってどんな病気?

子宮内膜増殖症とは、子宮内膜(※)が異常に多く作られる病気です。増殖した子宮内膜細胞の種類によっては子宮がんのリスクが高くなることもあります。

子宮内膜の場所

※子宮内膜は、受精卵を受け止めて赤ちゃんを育てるためのベッドです。新しい命を迎える準備のため、子宮内膜は毎月新しく作り替えられます。

何が原因なの?

子宮内膜増殖症は女性ホルモンのエストロゲンが過剰に反応することが原因だとされています。女性ホルモンは黄体ホルモンとエストロゲン(卵胞ホルモン)の2種類。両方がバランスよく保たれることで妊娠から出産までを可能な状態にしています。

女性ホルモンのバランスは普段の何気ない生活習慣やストレスなどから影響を受けやすいので、何らかの影響によりくずれることが多いです。

黄体ホルモンは子宮内膜をはがして子宮内をきれいにする役割があるので、エストロゲンだけが過剰分泌されると子宮内膜がどんどん過剰に作られてしまうのです。

更年期を迎えた女性が症状緩和のホルモン療法をするときにも注意が必要です。エストロゲンのみ投与する治療法を行うと子宮内膜増殖症を引き起こす原因となります。

どんな症状があるの?

子宮内膜増殖症のおもな症状は、生理の出血量が多くなることです。粘性のある血液の塊が混じることも少なくありません。

生理以外の日に不正出血を起こすケースもよく見られます。正常な生理より出血量が多くなるので、動悸や息切れなどの貧血症状も出やすいです。

女性ホルモンのバランスがくずれている状態なので、生理不順や無排卵などの月経異常もあらわれます。生理周期が不安定なのに、生理が来た月は出血量が異常に多くて辛いというサイクルが繰り返されているなら、婦人科を受診することをおすすめします。

正常な子宮内膜細胞が増殖した状態であれば子宮がんリスクは全体の数パーセントにも満たないとされています。でも、ゼロではないので軽く考えてはいけません。

子宮がんになるリスクも

子宮内膜増殖症は前がん状態だとされています。これは、がんを発症するリスクがある状態を意味しています。このため、細胞に変異がない場合でも経過観察を行うのが一般的です。

増殖した子宮内膜細胞に異型が認められた場合は「子宮内膜異型増殖症」と診断されます。この場合、4年以内に子宮がんを発症する確率は30%です。前がん病変の段階なので慎重に治療をすすめる必要があります。

どんな治療をするの?

子宮がん発症率が少ない子宮内膜増殖症であれば自然治癒することもあります。症状が軽ければ経過観察のみになりますが、症状が重い場合は黄体ホルモン投与で改善を試みる治療が一般的です。

子宮内膜異型増殖症と診断された場合は、子宮がんの発症を防ぐ治療が行われます。最も効果的なのは子宮全摘手術を行うことです。

妊娠を望む女性の場合は、子宮内膜の組織を採取する子宮内膜全面掻爬(そうは)と、ホルモン療法を長期的に行うことで子宮を温存する方法もあります。

子宮内膜増殖症の予防法

子宮内膜増殖症は女性ホルモンのバランスを正常に保つことで予防することができます。毎月きちんと生理が来て正常に子宮内膜が排泄されるように心と身体を整えていきましょう。

不規則な生活習慣や食生活を見直し、ストレスを溜めない生活を心がけ、規則正しい健康的な生活を送ることが予防につながります。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る