子宮内膜症ってどんな病気?できやすい場所と原因について

子宮内膜症について

今や若い年齢でも油断はできない子宮内膜症。松浦亜弥さんをはじめ、数々の芸能人もこの病気を公表しています。そこで今回は子宮内膜症とはどのような病気なのか詳しく解説していきます。

子宮内膜症とは?

子宮内膜症は、子宮内膜(※)に似た組織が子宮以外のいろいろな場所で厚くなったり、はがれ落ちて増えてしまう病気です。初めて発見されたのは100年ほど前で、先進国に多く、途上国には少ないと言われています。

決して珍しい病気ではなく、初潮から閉経までの女性の10~20%、つまり10人に1人が子宮内膜症を持っていると言われています。特に30~40代に多く発症しますが、20代や30代前半の女性にも急増しています。

セルフチェックをしてみよう

子宮内膜症はがんのように悪性ではないため命に関わることはありませんが、寝込んでしまうほどのひどい生理痛の原因となり、日常生活に支障をきたしてしまうことも少なくありません。

「子宮内膜症のセルフチェック」を習慣にして、早期発見を心がけましょう。チェック項目は次の6つです。

  • 生理痛が年々ひどくなってきている
  • 生理の時に飲む鎮痛剤の量が増えた、効かなくなってきた
  • 性交痛がある(特に奥が痛む)
  • 排便痛がある(特に肛門の奥が痛む)
  • 生理時以外に腰痛や下腹部痛がある
  • 妊娠を望んでいるがなかなか恵まれない

※子宮内膜について

子宮内膜

子宮内膜は子宮の一番内側を覆っている粘膜です。妊娠したときに赤ちゃんのベッドとなるところで、受精卵が着床しやすくなるように周期的に厚くなったり、はがれ落ちたりということを繰り返します。

はがれた内膜とこのときの出血が生理となります。そして子宮内膜症も正常な子宮内膜と同じように毎月出血を繰り返します。

正常な場所にある子宮内膜ははがれ落ちた後に血液と一緒に生理として体の外に排出されますが、正常な場所以外(ダグラス窩や卵巣など)のところでは排出される出口がないため、そこにどんどん血液などが溜まっていきます。

最初のうちは行き場を失った血液は周辺の組織に吸収されますが、出血を繰り返すうちに吸収されずに少しずつ子宮内膜症ができた場所に溜まるようになります。

そして炎症を起こし、徐々に大きくなるため激しい生理痛を感じたり、臓器が癒着することによってさまざまな症状を引き起こすのです。ではなぜ子宮内膜症になってしまうのでしょうか?

次のページでは「子宮内膜症の原因」について解説していきます。

ページ:

1

2 3
スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る