どんな治療法?子宮内膜症のホルモン療法の種類と副作用まとめ

ホルモン療法

子宮内膜症は生理のたびに病状が進行し、エストロゲンの作用を受けて進行します。ホルモン療法はホルモン薬を投与することで子宮内膜の発育を促すエストロゲンの分泌を抑え、病巣を小さく治療法です。

あくまでも病巣を小さくする治療法なので子宮内膜症が完治することはありません。ホルモン療法は治療後、しばらくすると排卵が起こり、生理も通常通り戻ってきます。そのため、生理痛などが再び起こることもあります。

ホルモン療法の種類

ホルモン療法にはおもに生理を止めて閉経に近い状況をつくる『偽閉経療法』と、生理を止めて体内のホルモン状態を妊娠したときと同じような状態にする『偽妊娠療法』の2つの治療法があります。

このほかに、子宮内膜症による過多月経や生理痛を軽減する『低用量ピル』や、エストロゲンの分泌を抑制して症状を軽減する『黄体ホルモン療法』などもあります。

ホルモン療法が行われるケース

ホルモン療法は、病巣が小さい初期なら効果が大きいため、一時的に症状を改善したいときや、手術をしやすくするために病巣を小さくしたり、術後の治療効果を高める場合に行われることが多いです。

また、妊娠・出産を希望する人、閉経が近い女性の治療として用いられることもあります。

ホルモン療法の副作用

ホルモン療法は薬を用いて治療をするため必ず副作用をともないます。使用する薬や人によってあらわれる副作用は違ってきますが、よくある副作用には以下のようなものがあります。

更年期障害のような症状

閉経が近づく更年期になるとのぼせや発汗、倦怠感などの症状があらわれる方が多いです。これは女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが減少し、ホルモンバランスなどが乱れるために起こります。

偽閉経療法はホルモン剤によりエストロゲンの分泌を抑えて閉経と同じような状態を作り出すわけですから、これと同じようにホルモンバランスなどが乱れてのぼせや発汗、倦怠感などの更年期障害のような症状があらわれます。

骨密度の低下(骨粗しょう症)

エストロゲンには骨吸収(骨の新陳代謝で古い骨が破壊されること)をゆるやかにする働きがあります。ホルモン療法ではエストロゲンが減少するため骨密度が低下してしまうのです。

体重の増加

ホルモン療法を行うと食欲がでて体重が増えることがあります。体重が増えると治療が終わっても元には戻りにくいです。

その他

血栓、乳房の痛み、不正出血、肝機能の異常、むくみ、吐き気など

最後に

ホルモン療法にはこのよう副作用がともないます。あらわれる副作用によっては女性にとってつらいものもあります。治療を受ける際は副作用などについて医師とよく相談してくださいね。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る