子宮内膜症=不妊?妊娠はできない?

産後の膣のゆるみ

不妊で悩んでいる方の半数程度が子宮内膜症を患っていることから、「子宮内膜症だと妊娠ができないのでは?」と思っている方も多いようです。

確かに子宮内膜症は不妊の一因にはなっていますが、実際は子宮内膜症でも自然に妊娠する方はたくさんいます。しかし、場合によっては不妊を招いてしまうこともあります。

ここでは子宮内膜症と不妊の関係、そして妊娠について解説します。

問題になるのは「痛み」「癒着」「チョコレートのう腫」

子宮内膜症ができている場所によっては、性交の際に痛みを生じます。不妊の定義からは少し外れますが、それが原因で機会が少なくなり、なかなか妊娠できないという場合も、子宮内膜症が妊娠を妨げているといえるでしょう。

また、子宮内膜症による癒着が卵管や卵巣を塞いでしまっていると、当然妊娠はしにくくなります。チョコレートのう腫についても、あるだけで妊娠に影響及ぼすといわれています。

それ以外にも子宮内膜症があることで子宮内の環境が変わり、多岐に渡って妊娠の邪魔をするとも考えられており、不妊の原因がわからないときに検査をしてみると、50%ほどの女性に子宮内膜症が発見されるというデータもあります。

子宮内膜症でも妊娠は可能

子宮内膜症だからと言って必ずしも不妊症になるとは限りません。実際、子宮内膜症を患っていても妊娠した患者はたくさんいます。

子宮内膜症を告白していた松浦亜弥さんも子宮内膜症を患いながらお子さんを授かっています。ですから、あまりくよくよ悩まず前向きに治療を進めていくことが大事です。

妊娠すると症状は軽くなる

子宮内膜症の症状は妊娠すると軽くなると言われています。その理由は妊娠することによって月経が止まるためです。

子宮内膜症は、子宮の中にあるはずの「子宮内膜」が他の部分で増殖してしまう病気です。子宮内膜が子宮の中にあれば、女性周期にともなって厚くなったあとにはがれ落ちて、血と一緒に月経として排出されます。

が、子宮の中以外の場所で増えてしまった子宮内膜は排出がうまくいかないため、癒着を起こしてしまったり、激しい痛みが生じたり、不正出血、月経過多、のう腫などの症状が引き起こされます。

妊娠して受精卵が着床すると生理が止まりますから、子宮内膜症の病巣も出血を繰り返すことはなくなり、その結果症状は軽くなるのです。

妊娠で症状が軽くなっても完治するとは限らない

女性機能がある限り完治は難しいのが子宮内膜症。妊娠して症状が軽減したとしてもその点は変わりません。

妊娠中だけでなく出産後も、授乳の影響で1年近く生理がこない方もいるため、かなり長期に渡って子宮内膜症の症状を感じないですむ場合もありますが、生理が再開して回数を重なれば、また出産前と同じような症状にならないとも限りません。

妊娠、出産をしている間に年齢を重ね、閉経に近づくことは確かなので、症状が軽くなったまま閉経して完治する、という方もいます。

いずれにせよライフスタイルによって子宮内膜症とうまくつきあう必要があることは確か。現在子宮内膜症があり、不妊症も合併しているという場合には、できるだけ早く妊娠できるよう治療していくことが重要になります。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る