手術時の麻酔の種類と副作用について

麻酔について

手術を行うときは麻酔をして行います。でも麻酔をすることに不安を感じている方も多いと思います。ここでは麻酔の方法と副作用について詳しくご紹介していきます。

麻酔の種類

手術で使う麻酔には大きく分けて全身麻酔と部分麻酔(局所麻酔)があります。

全身麻酔

点滴やガスを組み合わせて全身を麻痺させ意識をなくしてしまう方法です。静脈から点滴で注入し、麻酔ガスをチューブを使用して口から吸入させます。人工呼吸器を使い、大きな手術のときには必ず行います。

部分麻酔

体の一部分(下半身など)のみに作用して痛みをなくす方法で、腰椎麻酔と硬膜外麻酔があります。背骨のすき間から注射によって脊髄近くの神経にはたらきかけ下半身を麻痺させて痛みをなくします。

意識を保つことができ、手術の音を聞くことができます。場合によっては睡眠薬を飲ませて眠らせることもあります。

●腰椎麻酔
腰骨の高さの背骨と背骨の間から注射し、脊髄の周りにある脊髄腔(脊髄液か満ちているところ)に薬を注入します。

●硬膜外麻酔
針を刺す部分は腰椎麻酔と同じですが、脊髄腔の腔膜の手前で針を止めます。チューブを使って麻酔薬を注入するためかんたんに麻酔薬を追加で投与することができるのがメリットで、全身麻酔と併用されることも多いです。

また、手術後もカテーテルを残しておき、麻酔を継続して入れることもできます。

手術中と手術後

手術中は麻酔医が患者の血圧や脈拍、体温、呼吸、出血量などをチェックして麻酔薬の量を適切にコントロールし、手術中に麻酔が切れないようにしています。

全身麻酔は手術終了後20~30分で目が覚めますが、意識がハッキリ戻るまで半日かかります。部分麻酔は全身麻酔よりも意識が早くハッキリしますが、術後は下半身がしびれた状態が続き、2~3時間で足が動かせるようになります。

基本的には開腹のときは部分麻酔、腹腔鏡のときは全身麻酔で行いますが、手術の内容や予想される時間によって違いがあるため、どちらで行うかは医師が判断します。

麻酔の副作用

麻酔そのものに副作用はありませんが、麻酔が切れたときに手術の痛みとともに頭痛や吐き気をもよおすことがあります。また、手術中は体温が下がって体が冷えるため、しばらくは寒気や震えを感じることもあります。

全身麻酔の場合は、のどから管を入れる人工呼吸器を使うので手術後1~2日はのどに違和感を感じます。

手術後の痛みや吐き気を抑えるために鎮痛薬をあらかじめ麻酔の中に入れることもできるので、希望する場合は医師に伝えましょう。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る