子宮筋腫ってどんな病気?できやすい場所と年代、原因について

子宮筋腫とは

成人女性の4人に1人は持っているともいわれている子宮筋腫。良性の腫瘍で、婦人科の病気のなかでもっとも一般的な病気です。

気づかずに放置していると、不妊の原因になったり、月経過多から貧血を起こしてしまったりと、深刻なトラブルにつながることも多いです。

そこで今回は子宮筋腫について詳しく解説していきます。

なぜできる?子宮筋腫の原因とは

子宮筋腫の原因は、実はいまだはっきりとわかってはいません。

しかし、生理が始まる前の子どもや閉経後の女性にはほとんど見つからないことから、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)が関係しているのではと言われています。

エストロゲンが関係している理由

子宮筋腫がある女性が閉経すると筋腫がどんどん小さくなっていきます。しかし、更年期障害の治療としてエストロゲンなどを補充するホルモン療法を行うと再び筋腫が大きくなることがあります。

また、子宮筋腫の治療としてエストロゲンの分泌を抑えるホルモン剤を使うと筋腫は小さくなり、治療をやめると再びエストロゲンが分泌されるので筋腫が再び大きくなります。

このようにエストロゲンは筋腫を大きくするはたらきがあるのでその関係性が指摘されているのです。

また、エストロゲンのほかに遺伝性があるのではということも指摘されてはいます。しかし、こちらも確定してはいないのが現状です。

胎児の段階での細胞分裂時に原因ができるとの説も

筋腫が大きくなりはじめるのは思春期以降、つまり女性ホルモンが活発に出るようになってからです。

けれども筋腫の原因自体は、胎児のときに細胞が分裂を繰り返して子宮ができあがる際に、すでに生まれているのではないかという説があります。

最近では初潮を迎える年齢が下がってきていることから、20代前半など比較的若い年代でも子宮筋腫に悩まされている女性が増えています。

原因が生まれたときにはすでに筋肉の中に存在する、と仮定すると、初潮を迎える年齢が早くなってきているほか、出産回数の減少、初産の高年齢化などで女性周期の回数が増加していることも影響していると考えることもできます。

次のページでは「子宮筋腫ができやすい場所」について解説していきます。

ページ:

1

2 3
スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る