子宮筋腫の手術(筋腫核手術)後に妊娠はできる?

産後の膣のゆるみ

子宮筋腫は、不妊の原因になることが少なくありません。特に子宮の内側にできる粘膜下筋腫という筋腫は不妊や流産などの原因になりやすいです。

そのため不妊治療の一貫として、筋腫だけをくりぬく「筋腫核出術」を行い、その後早期の妊娠を目指す方も非常に多いです。

そこで不安になのが「手術後に妊娠できるのか?」ということ。手術後の妊娠というとリスクが高いように感じるかもしれませんが、実際は筋腫がある状態で妊娠するよりもずっとリスクは低いともいわれています。

筋腫核手術後でも妊娠は可能

子宮をすべて取り除く子宮全摘出術とは違い、筋腫だけをくりぬく筋腫核手術では術後に妊娠することは可能です。ただ、赤ちゃんは授かりものでもあるため筋腫を取れば必ず妊娠できるとは言い切れません。

しかし、手術後の妊娠は、ほぼ普通の妊娠と同じと思って良いでしょう。子宮筋腫がある状態の妊娠を「子宮筋腫合併妊娠」と言いますが、この子宮筋腫合併妊娠はさまざまなリスクをともないます。

流産や早産、前期破水、赤ちゃんの体位の異常、胎盤の早期剥離、産道をうまく通過できないことによる帝王切開などの可能性が高くなる「ハイリスク妊娠」があります。

一方手術後の妊娠は、術後の癒着や新たな子宮筋腫の発見などに注意しなければならないものの、妊娠中は手術経験のない妊婦さんとほぼ同じように、経過を見守っていけばいいことがほとんどです。

筋腫核出術後の出産は必ず帝王切開になるのか?

100%ではありません。手術後でも自然分娩で出産されている方はいます。けれども自然分娩を望んでいても、子宮に残っている傷が原因で起こる子宮破裂や癒着の問題から、予定帝王切開を医師から勧められることもあります。

1度手術を経験していると「またお腹を切るのは……」と抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、万が一の事態が起きて、緊急帝王切開になるよりは、予定帝王切開のほうがリスク管理しやすいということは確かです。

一般的には筋腫が小さく、子宮鏡手術でお腹を切らずに摘出できた場合には自然分娩が可能なことが多いですが、人それぞれ状況は違います。医師と相談のうえ、安心して出産を迎えられる状況を作りましょう。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る