子宮筋腫は再発する?再発のリスクと予防する方法とは

子宮内膜症の症状

子宮筋腫はエストロゲンの影響を受けて大きくなっていく病気です。筋腫のもととなるものは、生まれる前に子宮の壁の中に作られていて、「思春期で初潮を迎えてから閉経するまでの間大きくなり続ける」と考えられています。

そのため子宮を温存し、筋腫だけを取り除く筋腫核手術を行った場合には、閉経しない限り再発のリスクはついてまわるということになります。

子宮筋腫が複数あった場合の再発率は非常に高い

一般的に子宮筋腫の数が多い人ほど、再発の可能性が高いといわれています。なぜなら、筋腫核出術の際に小さい筋腫を見逃してしまう可能性が高いからです。

子宮筋腫が大きくなる速度はそう早いものではありませんが、特に1度手術をしている人の場合、再発時の対策を考える上でも様子をしっかりと見守っていく必要があります。

手術後も半年に1度くらいのペースで診察を受けるようにしましょう。

再発した場合の選択肢

経過観察でokというレベルならいいのですが、再手術となると、2度目の核出術適用は癒着の面でリスクが高くなります。妊娠を望んでいる場合は筋腫核出術を選択することもありますが、2度までが限界ともいわれています。

もし妊娠を希望しない場合には、子宮動脈を人工的に塞いで筋腫を枯れた状態にするUAEや超音波で筋腫を焼くFUS、マイクロ波で子宮内膜を焼き、過多月経を改善するMEAなど選択肢は増えます。

また子宮筋腫での子宮全摘では、基本卵巣は残しておくので、更年期障害の心配はありません。医師と相談のうえ最適な治療法を選ぶことが大事です。

関連記事:
子宮筋腫の手術「筋腫核出術」と「子宮全摘出術」について
子宮筋腫治療の新しい選択肢「切らない治療法」のメリット・デメリット

再発を防ぐには?

生理があるかぎりそして、子宮の摘出をしないかぎり子宮筋腫の再発を100%防ぐ方法はありません。ですが、セルフケアで再発のリスクを抑えることはできます。

食事に気をつける

子宮筋腫はエストロゲンの影響により大きくなると考えられています。肉類や乳製品に含まれる動物性たんぱく質はエストロゲンの生成を促すので、控えめにしましょう。

逆に食物繊維は体内の老廃物や毒素などを排出する働きがあるので、食物繊維が豊富な野菜や海藻類をたくさん食べましょう。腸内環境も整えられるので免疫力もアップします。

また、ファーストフードやコンビニ弁当、加工食品などには食品添加物が多く含まれているのでなるべく避けて自炊を心がけることも大切です。

体を冷やさない

体の冷えも子宮にとっては良くありません。体が冷えているということは血流も悪くなっているということ。血行不良はさまざまな悪影響をおよぼすので冷やさないように心がけましょう。

水分補給は白湯や温かいお茶を。冷たいお水やカフェインが含まれるコーヒーなどは体を冷やしてしまうので飲み過ぎはNGです。

また、生野菜や夏野菜のとりすぎもよくありません。これらは水分が多く、体を冷やしやすいです。煮物や温野菜などにして熱を通してとるようにしましょう。

さらに、腹巻きなどをしてお腹が冷えないようにすることも大切。職場などでエアコンが効いている場合は、カーディガンなどを羽織って冷えを防ぎましょう。

ストレスを溜めない

再発を防ぐためにはストレスも禁物です。ストレスを溜めない生活はなかなか難しいですが、ゆっくりとお風呂に浸かったり、音楽などを聞いて心身をリラックスさせましょう。

また、適度な運動もストレス解消には効果的です。特にウォーキングは血流も良くなるので体を冷やさないためには一石二鳥。普段、デスクワークが多い方は日々の生活に「歩く」ことをとりいれてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る