子宮筋腫ではどんな検査をする?基本的な検査とその流れ

子宮内膜症の検査

過多月経や貧血など子宮筋腫と思われる症状があり、いざ婦人科を受診しようと思ってもどんな検査が行われるか不安ですよね。初めて受診するならその不安はとても大きいもの。

そこで今回は子宮筋腫の基本的な検査とその流れについてご紹介します。

子宮筋腫で行われる検査

子宮筋腫では問診、視診、膣鏡診、内診、超音波検査、血液検査などを基本に行います。また、症状などによっては画像検査(MRI)、子宮卵管造影、ヒステロスコープなどを行うこともあります。

子宮筋腫の検査

問診

まずは問診を行いますが、診察を受ける前に問診票に記入することが多いです。その問診票を参考にしながら婦人科医が生理の状態のほか、どんな症状があるかなどをいろいろ質問します。

それを元に予想される病名や必要な検査などを判断します。いざ生理の状態などを聞かれると、忘れてしまうことが多いのでメモなどを用意しておくと安心です。

視診・膣鏡診・内診

問診が終わると内診台で診察をします。まず外陰部に腫瘍がないか、炎症を起こしてないかなどを目で確認する視診をします。

そして次に膣鏡という器具を膣に入れて膣の分泌物(おりものなど)、膣の壁、子宮の入口などの状態を確かめます。これを膣鏡診といい、必要に応じて分泌物をとって検査をすることもあります。

その後に内診を行います。内診はとても重要な診察法で婦人科の病気の診断には欠かせないものなので恥ずかしがらずに必ず受けましょう。

内診は片方の手の指を膣に入れてもう片方の手はお腹の上におき、両手を使って診察します。

内診では子宮や卵巣の位置、大きさ、形、硬さなどがわかります。お腹にしこりがある場合はそれが子宮の腫瘍(子宮筋腫など)か、卵巣の腫瘍かなどを診断することができます。

超音波検査

エコーとも呼ばれ、痛さもなく外来で簡単にできる検査です。子宮筋腫と卵巣のう腫(卵巣が大きくなる病気)の区別や、どのくらいの大きさなのかを診断することができます。

超音波検査にはプローブと呼ばれる器具をお腹の上から当てる経腹法と、膣に入れて調べる経膣法の2つの方法があります。

経腹法は筋腫や卵巣のう腫が大きかった場合にその全体像などを把握することができます。しかし、詳しい診断は難しいため、経膣法と合わせて行なわれるか、2回目以降の診察で確認として利用されることがほとんどです。

経膣法は子宮の内側にできる子宮筋腫や、卵巣のう腫などでも鮮明な画像を得ることができます。

次のページでは、「血液検査・画像検査・子宮卵管造影検査・ヒステロスコープ」についてご紹介していきます。

ページ:

1

2
スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る