子宮筋腫のホルモン療法(GnRHアゴニスト・ミレーナ)と副作用について

ホルモン療法

子宮筋腫の治療法として行われるホルモン療法には現在、おもにGnRHアゴニストとミレーナによる治療が行われています。今回はそれぞれの治療法や副作用について解説していきます。

GnRHアゴニスト

脳の視床下部から分泌されるGnRHというホルモンに似ているホルモン剤を用いて、子宮筋腫を大きくする女性ホルモン「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌を少なくし、筋腫を小さくする治療法です。

人工的に排卵を抑えて卵巣機能を一時的に停止し、閉経した状態をつくるので偽閉経療法とも呼ばれています。

前述のとおり筋腫をなくすというものではなく、小さくするという治療法なので、治療をやめると生理も再び始まり、筋腫も元の大きさに戻ってしまうというデメリットがあります。

そのため筋腫を小さくして手術をしやすくしたり、貧血を一時的に改善したり、すぐに手術ができないというときに用います。また、閉経後は筋腫が自然に小さくなるため、閉経が近い年齢の方にも行うことが多いです。

副作用としては、のぼせや発汗など更年期障害のような症状があらわれることがあります。症状が強い場合や、薬が合わない場合は、ほかの薬に切り替えたり漢方薬などを併用することもあります。

使用期間が決められている

GnRHアゴニストの投与期間は6ヶ月が限界で、長期間使用することはできません。長期的に使用すると骨粗しょう症を招いてしまう危険性があるためです。

そもそもエストロゲンには骨密度を保つ働きもあります。GnRHアゴニストを用いてエストロゲンの分泌を抑えてしまうと、この骨密度が低くなってしまうため、再度、投与するには6ヶ月以上あける必要があるのです。

また、妊婦や妊娠している可能性のある人、授乳期、過敏症のある人、診断のつかない異常出血のある人には使えません。

ミレーナ

ミレーナは比較的新しい治療法で、過多月経や生理痛などの症状が重い場合に用いられます。

プロゲステロンを放出するリングを子宮内に装着することで子宮内膜の増殖を抑えて、過多月経や生理痛などの症状を緩和していきます。1回の装着で5年間その効果が維持できるのがメリットです。

副作用としては生理周期の乱れや不正出血などがあります。また、妊娠できないことが上げられます。そもそもミレーナは子宮内避妊具として用いられる避妊リングです。そのためミレーナを装着している間は妊娠できません。

GnRHアゴニストとは違い、ピンポイントで子宮内膜のみに作用するため身体への負担は少ないとされていますが、人によって挿入時に痛みがあったり、感染などのリスクもあります。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る