不妊の原因になることも?子宮筋腫と不妊の関係

産後の膣のゆるみ

若い女性にも増加傾向にある子宮筋腫。良性の腫瘍ため日常生活に問題がなければ治療はせずに経過観察となることもありますが、手術が選択されることも少なくありません。

その理由の1つに、筋腫ができた場所によっては不妊の原因になるということがあげられます。今回は子宮筋腫と不妊の関係について解説していきます。

子宮筋腫があると受精卵の着床が妨げられる

子宮筋腫は子宮のいろいろな場所にできます。妊娠に影響を及ぼしやすい順に子宮筋腫の種類を並べると、「子宮の中にできる筋腫>子宮の壁の中にできる筋腫>子宮の外側にできる筋腫」の順になります。

受精卵は子宮の中に用意された子宮内膜という「ベッド」に着床すると、妊娠が成立します。そのため着床がスムーズに行なわれるためには、子宮内の環境が非常に大事です。

子宮筋腫が子宮の内側にできている状態は、いわばそのベッドがでこぼこにゆがんでいる状態です。ベッドである子宮内膜も均一につくことができず、着床しにくくなります。

ですから子宮の内側にできてしまった筋腫では、大きさは小さくても着床への影響は大きく、不妊を招きがちです。

一方、子宮の外側にできる筋腫や、筋肉層の中にできる筋腫の場合は、子宮内部の形が変わってしまうくらい大きくならない限りは、不妊になりにくいといえます。

流産の原因にもなることも

子宮は受精卵が着床すると妊娠に備え、大きくなっていく準備を始めます。

ところが筋腫ができている子宮は、健康な子宮に比べて固くなっていることが多く、十分に受精卵の成長に合わせて柔軟に大きくなることができないばかりか、収縮しやすくなる傾向もあります。

子宮の収縮は、月経時や出産時に代表されるように、子宮から何かを排出しようと作用します。つまり受精卵がある状態で子宮が収縮するということは「流産を促す」ことになってしまいます。

そのため、子宮筋腫は流産の原因にもなりやすいのです。

不妊の症状がある場合は治療が必要なことも

子宮筋腫は、子宮の筋肉にできる良性の腫瘍です。いわば筋肉のコブ、といったものなので、症状によっては治療も手術も必要がない場合もあります。

しかし、筋腫が原因で不妊や流産を起こしやすいと考えられる場合は治療などを行うケースが多いです。また、不妊のほか過多月経や生理痛、貧血などの症状がひどい場合も治療や手術なども治療を勧められることがあります。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る