どんな病気?「子宮頸管ポリープ」の特徴的な症状と原因まとめ

子宮頸管ポリープについて

婦人科でポリープが発見されると「ギク!」とすることが多いものですが、子宮頸管ポリープはかなり安全な病気です。そこで今回は子宮頚管ポリープとはどのような病気なのか症状や原因を詳しくご紹介します。

子宮頸管ポリープってどんな病気?

子宮の入り口(膣との境目)付近にできるポリープです。子宮の出口から膣に向かって垂れ下がっているのが特徴で、大きさは3mm程度のものから1cm程度と比較的小さなものが多いです。

子宮頸管ポリープができる場所

1個だけできるのではなく人によっては複数個できることもあります。良性のものがほとんどで悪性に変わることはほとんどありません。

そのため治療せずに放置しても問題ありませんが、まれに「ポリープではなく子宮頸がんだった」ということもあるので検査は必ず受ける必要があります。

特徴的な症状

おもな症状はおりものの増加や不正出血で、おりものに血が混じることもあります

ポリープがやわらかいため子宮頸管から出血しやすく、セックスや激しい運動をした後などに出血しやすいです。このため、性生活がうまくいかず不妊になることもあります。

基本的に痛みなど生活に支障をきたすことは何もないのですが、出血が多いと不快に感じてしまうこともあります。また、人によっては自覚症状がないこともあります。

原因は?

原因は女性ホルモンや細菌感染と言われますが、これといった特定の理由はありません。経産婦に多く、30~40代の患者が1番多いとも言われます。

また切除しても、ポリープの根っこを取り切れず、再発することがとても多い病気です。

どんな治療をするの?

小さなもので取りづらい場所にあるものは、放置=経過観察ということも多いです。がんに移行する危険性がほとんどなく、止血などの手間を考えると放っておく方がいいためです。

やや大きめ(5mm越え)の場合は切除し、大きめのものだとレーザーで焼き切る処置をします。レーザーの場合は止血や再発防止に効果があります。痛みはなく、麻酔もかける必要もないため内診の延長で可能、基本的には処置時間も短く日帰りできます。

「もう子供はいらない」という人の場合は、万が一に備えて時々検診を受ける程度でいいのですが、妊娠希望者の場合は、性交渉や出産のリスクを減らすために経過をチェックし、取るようにした方がいいでしょう。それ以外はあまり気にする病気ではないです。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る