漢方薬にはどんな種類があるの?

漢方薬の種類について

漢方薬には、煎じ薬、散剤、丸剤、エキス剤などの種類があります。昔は生薬をそのまま煮出し、生薬を取り除いた液体を服用する煎じ薬が主でしたが、現在は患者の生活習慣に合わせてさまざまな種類が選べるようになっています。

同じ名前の漢方薬であれば配合されている生薬はほとんど同じですが、医療用ではない市販の漢方薬(一般用漢方製剤)は、副作用が出ないよう、成分の含有量を抑えて作られています。

漢方薬の種類と特徴

煎じ薬

患者ごとの体質や症状に合わせたオーダーメイドの調合が可能なため、他の種類よりも高い効果が期待できます。漢方専門医が診察のうえ処方をし、一人一人の症状や体質に合わせて、生薬の配合を調整することができます。

しかし、毎日煎じるのに時間がかかり、保存性や持ち歩きには不便なため手軽ではありません。

散剤

煎じ薬を挽いてエキスを粉末状にした粉薬です。薬効は煎じ薬と比べると劣りますが、煎じる手間がかかりません。生薬に比べてゆっくりと成分が吸収されます。

錠剤(丸剤)

煎じ薬を挽いて粉末にした後、エキスをハチミツなどと練り合わせ丸めて固めたものです。煎じる手間がかからないうえ、味も飲みやすく、形状も持ち運びや飲みやすさに便利です。散剤よりもさらにゆっくりと吸収されます。価格も安価です。

エキス剤

煎じ薬の煮汁をフリーズドライ加工したものになります。顆粒や錠剤、カプセルなどにしてあります。煎じる手間が不要であること、携行にも便利で長期保存も可能です。

製造過程で生薬の成分の変化により薬の効果が弱まる可能性はありますが、煎じ薬と薬効にはほとんど差はありません。ただし、湿気を帯びやすいという短所もあります。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る