婦人科を受診するときは女医さんが良い?

婦人科女医

婦人科を受診するうえで悩んでしまうのが、診察してもらうのは女医さんか?、それとも男性の医師か?ということ。

女医さんの場合、同じ女性なので恥ずかしさや緊張感が和らぎ、微妙な話も相談することができます。そのため生理痛や病気のことを理解してもらいやすいです。

男性の医師の場合は、生理痛の痛みなどを理解してもらうのはなかなか難しいかもしれませんが、患者の羞恥心に配慮したり、プライバシーを守ろうとしてくれる医師もたくさんいます。

なので、信頼できると感じた医師なら男性でも女性でもあまり気にしなくていいでしょう。女医さんの場合も、最初は内診などのときはとても恥ずかしいという方が多いです。

しかし、2回、3回と受診し慣れてくると恥ずかしさは少しずつ薄らいでいきます。

女医さんに診てもらいたい場合はどうしたらいい?

女医さんに診てもらいたい場合は、電話で直接聞いたり、病院のホームページがある場合はホームページで確認しましょう。

大学病院や県立病院、市立病院などある程度大きな病院には女医さんも多いですが、実際に病院を受診しないと女医がいるかどうかは分かりません。

なので、「婦人科には女医がいるか」「その先生の専門は何か」「その先生に見てもらうには何曜日に受診すればいいか」などを聞きましょう。

産婦人科医でも筋腫やがんなどの腫瘍が専門、お産が専門、不妊治療が専門などそれぞれの医師に専門分野があります。どの医師も産婦人科全般の知識と経験は持っていますが、専門については臨床経験も豊富なため安心です。

大きな病院ほど産婦人科医が多く、いろいろな領域の専門医がいることが多いため、必ず専門分野を聞き、何曜日に受診すれば良いのかを確認しましょう。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る