胃下垂だと膣圧や締りも弱い?胃下垂と膣圧の関係とは

胃下垂と膣圧

あなたは痩せているのにお腹だけポッコリしていませんか?

ぽっこりしている方は要注意。ポッコリお腹は胃下垂の可能性が高く、膣圧や膣の締まりも弱い方が多いのです。そこで今回は胃下垂と膣圧の関係についてご紹介します。

まずは胃下垂について知ろう

胃下垂とは、胃が正常な位置よりも下がっている状態です。ひどくなるとへそのあたりや骨盤の位置まで落ち込んでしまうこともあります。

胃下垂の原因とは?

胃下垂の原因はさまざまですが、一番多いのが腹筋などの筋肉の衰えや、脂肪が少なくなっていることがあげられます。筋肉が衰えてしまうと、胃を支えられなくなり垂れ下がってしまうのです。

また食べ過ぎや過労、不安などさまざまなストレスが原因で消化が悪くなり、胃に食べ物が溜まりすぎて起こることもあります。このほか、体質や腹部の手術、出産などが原因のこともあります。

どんな症状がある?

症状としては、食後のむかつきや食欲不振、食後の吐き気、肌荒れなどがあります。また、胃が冷えるために冷え性になり、子宮も冷えるため、不妊につながることもあります。

さらにお腹が膨らむことで、重心がずれるので猫背にもなりやすいと言われています。また胃が下がることで腸も圧迫されるため、腸が詰まりやすくなり便秘の原因につながってしまうこともあります。

なぜ膣圧や膣の締まりも弱くなる?

女性の膣や子宮は筋肉の塊と言われるほどの臓器です。膣や子宮などの臓器は骨盤底筋と呼ばれる筋肉により支えられています。この骨盤底筋には臓器を支えるほか、膣を締めるというはたらきもあります。

腹筋などの筋肉が衰えているということは当然、骨盤底筋も衰えているということなので膣圧や膣の締まりも弱くなってしまうのです。

胃下垂を治すには?

垂れ下がった胃を元に戻すには、胃を支えている筋肉を鍛えることが大切です。まずは腹筋を鍛えましょう。

床に仰向けに寝転び足を真っすぐ伸ばします。そしてそのまま足を床から10cmほど離してキープします。これを1日3~5セットを目標に行います。最初は5秒くらいから始め、10秒キープできるように頑張りましょう。

インナーマッスルや骨盤底筋を鍛えるためにはピラティスやヨガ、骨盤底筋体操も効果的。

毎日忙しくてそんな余裕がないという場合は、階段を利用したり、駅から家まで歩いたり、自転車通勤にしたり、日頃から体を動かすことを意識しましょう。それだけでもだいぶ違ってきますよ。

また痩せ過ぎも胃下垂の原因なので過度なダイエットは避け、標準的なBMI指数や適正体重を目指しましょう。ダイエットするときには体重の減少よりも、筋肉をつけて体脂肪を減らすほうがスタイルが良く見えますよ。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る