生理不順、肌荒れ、不眠…ホルモンバランスの乱れで起こることとは

女性ホルモンの乱れについて

女性ホルモンは全身に影響しているため、分泌が乱れると生理不順をはじめ、身体にさまざまな不調が起こります。ではどのような症状が起こるのでしょうか?具体的にみていきましょう。

女性機能のトラブル

生理不順

女性の体は生理後、排卵に向けて準備を整えます。この期間にエストロゲンが出て、心身を安定させることで妊娠しやすい体を作ります。その後は、妊娠を維持するプロゲステロンが出て、妊娠を維持する体勢に入ります。

2つのホルモンバランスが崩れれば、当然生理の周期や期間が狂うことになります。また生理不順の背後に、無排卵が起きていることもあり、将来、不妊症になる可能性も高くなります。

不正出血

子宮内膜が作られる前に、内膜が外に剥がれ出て、不正出血になることがあります。

生理痛(月経困難症)

生理時には子宮を収縮させるプロスタグランチンという物質が出ますが、この物質は痛みを出す性質があるんです。ホルモンバランスが崩れると、子宮の収縮のリズムも狂い、痛みが強くなるという傾向があります。

月経前症候群(PMS)

月経前症候群とは、月経前=プロゲステロンの分泌が多い時期に起きやすい症状です。

プロゲステロンが優位の状況では、元々疲労やむくみ、頭痛、抑うつ、イライラなど、いろいろな症状が出ますが、ホルモンバランスが狂うと症状がひどくなる傾向があります。

婦人科系の病気

女性ホルモンの分泌バランスが乱れると、婦人科系の病気になったり、病状が悪化することます。

たとえば、エストロゲンの分泌量が多いと、子宮体がんや子宮内膜症、子宮筋腫、乳がんに、プロゲステロンが多いと高プロラクチン血症という病気を発症するリスクが高くなります。

このほか、多嚢胞性(たのうほうせい)卵巣症候群も注意したい病気です。

更年期障害

更年期障害は、卵巣の働きが低下して起きる心身の不調症状です。

ただホルモンのバランスが狂うだけでなく、脳からのホルモン分泌指令に卵巣が追い付かず、エストロゲンの分泌量自体が減ってしまうため、プロゲステロンの持つ不調症状が多く出てきてしまうのです。

心身のトラブル

血行不良~肩こりや免疫の低下

ホルモンバランスの乱れは、自律神経の働きを狂わせます。自律神経には血管を広げる働きがあります。この働きが乱れると、リズミカルに体中に血液が流れにくくなります。そしてコリや免疫力の低下を招くのです。

肌荒れ、ニキビ

自律神経が狂い、血行不良になることに加え、女性ホルモンのバランスが狂うと、男性ホルモンの働きが強くなり、脂性肌やニキビになりやすくなります

体重増加、骨粗しょう症(更年期症状)

更年期にはプロゲステロンが増え、体重を維持しようとする働きが強くなります。また、エストロゲンには、骨の中にカルシウムを蓄える機能がありますが、これも減るため、骨粗しょう症になりやすくなります。

抑うつ、疲れやすい 不眠・・など

エストロゲンには幸福ホルモンセロトニンを出す働きがあり、逆にプロゲステロンには抑うつを起こす作用があります。ホルモンバランスが狂ってしまった場合、より心の不調が引き起きやすくなります。

また心の健康を維持する自律神経の働きも狂うため、よけいに心のバランスを崩しやすくなります。このため「うつ病」などを発症することもあります。

悪循環にならないように

このようにホルモンバランスが乱れると、心身の健康すべてに不調が出てきます。そのストレスから、よけいにホルモンバランスが狂い、調子が悪くなり・・という悪循環が起きるのです。

ではなぜホルモンバランスが乱れてしまうのでしょうか?次回はホルモンバランスが乱れる原因についてみていきます。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る