妊娠・出産、心身の健康を維持!女性ホルモンの働きについて

女性ホルモンについて

知っているようで実はよく知らない女性ホルモンの働き。女性ホルモンにはおもにプロゲステロンとエストロゲンの2種類があり、脳からの指令を受けて卵巣から分泌されます。

女性ホルモンの働きは心身を健康に保つこと。では実際にはどのような働きをしているのか具体的にみていきましょう。

プロゲステロン(黄体ホルモン)の働き

プロゲステロンについて

プロゲステロンは妊娠と出産に大きな影響を与える女性ホルモンです。

生理周期の後半から活発に働き、子宮内膜をフカフカにして子宮内に迎えた受精卵を着床しやすくします。着床した後に妊娠を持続させる働き(胎盤を安定させるなど)をするのもプロゲステロンです。

生理周期が安定している女性であれば、排卵日以降は高温期に入ります。この期間は妊娠しやすい状態になるだけでなく、女性にとって不快な症状も出やすくなります。不安定な精神状態、食欲増進、むくみ、肌荒れなど。

あまり嬉しくない症状ばかりですよね。でも、プロゲステロンが正常に働かなければ赤ちゃんが産めない身体になってしまいます。心と体をコントロールしながら上手に付き合っていきましょう。

ちなみに、妊娠しなかった場合は、次の出産に備えるために子宮内膜の排泄を促す役割を行い、生理が始まります。

エストロゲン(卵胞ホルモン)の働き

エストロゲンについて

プロゲステロンが妊娠しやすい状態に導くホルモンなのに対して、エストロゲンは妊娠するための準備をするホルモンです。子宮内膜を厚くして受精卵を迎えるためのやわらかいベッドを作る働きをします。

卵胞ホルモンと呼ばれるのは、卵胞を育てる役割も行っているためです。卵胞が育ち排卵した後は子宮内膜をさらに厚く仕上げる働きをし、妊娠後は子宮内膜の安定や母乳の準備などをサポートします。

エストロゲンは妊娠や出産だけでなく、心身の健康維持にも必要なホルモンで、実にさまざまな働きをしています。

エストロゲンの働き

まず丸みのある女性らしい身体つきや、美しい肌と髪を作ります。また、膣にうるおいを与えて酸性に保つことで雑菌から守ったり、自律神経を安定させ、感情や脳の働きをコントロールする役割も果たしています。

肉体形成にも大きく関わっており、骨に関してはエストロゲンの分泌量で骨密度が変化するほど大きく影響します。閉経後に骨粗しょう症になりやすいのは、エストロゲンが急速に減ってしまうためです。

また、内臓の機能を正常に保つのほか、心臓や血管に弾力を与えたり、血液中のコレステロール値を下げ、心筋梗塞などを防ぐ働きもしています。

いかがでしたか?

女性ホルモンが一生の間に分泌される量はわずかスプーン1杯程度。意外にもとても少ない量なのです。このわずかの量で正常なバランスを保ち、妊娠できる健康で美しい身体を維持しています。

ホルモンバランスを保つ基本は規則正しい生活と適度なストレスの緩和。デリケートな女性の身体を支えている2種類のホルモンと上手に付き合いながら健康な心と身体をつくっていきましょう。

次回はホルモンバランスが乱れるとどのようなことが起こるのか解説していきます。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る