冷え性改善やリラックス効果も!正しい半身浴のやり方と効果を上げるコツ

お風呂に浸かる

半身浴はみぞおちから下の部分だけをぬるめのお湯に沈める入浴法。古くから日本で行われている健康法「頭寒足熱」の効果を入浴中に得られます。

また、身体を温めるだけでなく、1日の疲れをとり、リラックス効果や血行をよくする効果もあるのでPMS(月経前症候群)で気分が憂鬱なときにもおすすめ。

今回は正しい半身浴の方法とメリット・デメリットをご紹介します。

半身浴のメリット&デメリット

メリット

半身浴のメリットは、全身浴と比べて心臓や肺など身体への水圧負担が少ないので体調が良くないときでも入浴できること。また、お湯の量も少なめですむので経済的であるのもメリットです。

20分ほど半身浴を行うと副交感神経が活発になり全身浴より高いリラックス効果が生まれます。身体へ負担をかけずに高い温浴効果が得られるので疲れた日にゆったり寛ぎたいときにおすすめです。

デメリット

半身浴のデメリットは準備と入浴の両方に時間がかかることです。お風呂のお湯が沸いてからすぐではなく、湯船の蒸気で浴室全体を温めなければ高い効果が期待できません。

入浴時間は最低でも20分が理想的だとされているので、忙しくて時間がないときに行うのは難しいでしょう。時間がある休日の夜などにゆったりと行うのがベストです。

正しい半身浴の方法

お湯をはる

まず浴槽に胸から少し下あたりの位置までお湯をはりましょう。お湯の温度は38~40度のちょっとぬるめがちょうどいい湯加減です。熱すぎるお湯は長時間入っていることができず逆効果なので注意しましょう。

また、お風呂のフタは開けておくのがポイント。蒸気で浴室全体が温まり冷えを防げます。

入浴する

湯船に浸かる目安は約20分です。だんだん顔に汗が流れてきたら身体が温まってきた合図です。常に肩が出ている状態なので、乾いたタオルをかけて冷えないように気をつけましょう。

また、お風呂のふたをギリギリまで閉めたり、半身浴ボードを使用すると保温効果が高まりお湯が冷めにくくなりますよ。


半身浴ボード

水を飲む

半身浴では意外と汗をかきやすいもの。お風呂に入る前にはコップ一杯の水を飲みましょう。お水を用意しておいてお風呂に入りながら少しずつ飲むのも良いですね。お水を飲むことで脱水症状を防げます。

さらに効果を上げる方法

お風呂に重曹や自然塩などを入れるとより効果がアップします。重曹を入れるとお湯がやわらかくなり、血行を促進するので肌がスベスベになるだけではなく、冷え性にもとても効果があります。

半身浴のお湯の量に対して、大さじ1~2杯くらいが目安です。好みで精油などを入れるとリラックス効果もアップします。

また、塩には保温効果があります。血行が良くなることで発汗を促し、お風呂から上がると体中ポカポカして温かくなります。精製されていない自然塩を大さじ2~3杯くらいが目安です。

塩風呂の注意点

塩は金属のサビの原因になってしまいます。ステンレスのお風呂や、鉄やステンレスを部品に使っている場合、塩分により錆びてしまうこともあります。サビを防ぐために入浴後はすぐにお湯を捨て、シャワーで塩分を洗い流しましょう。

また、追い焚きすると風呂釜に塩分がまわって配管などを傷つけ、腐食や故障の原因になってしまいます。なので塩を入れたときは追い焚きはしないようにしましょう。

マッサージをして血行を促進しよう

半身浴で効果を上げるにはお風呂に浸かりながらのリンパマッサージが効果的。下から上へ向かって肌をなでるようにやさしくさすります。

足がむくみやすい人はふくらはぎを重点的に行ってみましょう。血行やリンパの流れが良くなり、余分な水分や老廃物が体外に排出されやすくなります。

また、アロマキャンドルや好きな音楽をかけるとリラックス効果もアップ。一日の疲れもとれてぐっすりと眠れますよ。

関連記事:

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る