女性特有の悩みは運動不足が原因かも?普段から意識して体を動かそう

運動不足について

あなたは普段から運動していますか?

仕事がデスクワークだと体をあまり動かさないので運動不足になりがちですよね。実は運動不足は冷え性や、婦人科系疾患、不妊症など女性特有の悩みにつながってしまうことも少なくないのです。

運動不足が生殖機能に与える影響

体をあまり動かさず運動不足の状態が続くと、筋肉を動かさないため血液の循環が悪くなります。

血液の循環が悪くなると体の末端まで血液がうまくいかないため手足の先が冷たくなったり、下腹部まわりの筋肉が固くなったりします。いわゆる冷えという状態になるんですね。

子宮や卵巣などの生殖器が集まった下腹部が冷えるとそれぞれの器官の機能も低下して、婦人科系疾患になりやすい状態が起こります。

たとえば子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫などの疾患は、排卵しにくい・卵子自体が成長しにくい・受精卵が着床しにくいなどさまざまな生殖機能障害につながります。

また運動不足が続くと肥満になりがちですね。肥満になると女性ホルモンの分泌指令を行う脳の下垂体や視床下部の動きが鈍くなることが分かっています。

女性ホルモンの分泌指令がうまく出ないと女性ホルモンのバランスが悪くなり、生理不順や無排卵といった状態になってしまうのです。その結果、妊娠しにくい=不妊にもつながります。

意識して体を動かそう

普段、運動不足を自覚している場合は、ストレッチやウォーキングなど軽めの運動でいいので定期的に体を動かすようにしてみましょう。

職場などでの移動はエレベーターではなく意識して階段を使うのもおすすめ。階段の上り降りはウォーキングよりもエネルギー消費量が高く、さらに足腰の筋肉にかかる負担も大きくなるので基礎代謝もアップします。

体を動かすと筋肉を燃焼させるために血液の循環がよくなって、体温が上がります。体温が上がると筋肉が固くなるのを防ぐので生殖器の機能低下も防ぐことができます。

また体温が上がることで冷えの解消や免疫力がアップし、さらに運動することで肥満の解消や予防にもなるのでホルモンバランスが整いやすくなります。

ホルモンバランスが整えば女性特有の悩みからも解消され、心身の調子も整いやすくなります。ぜひ今日から体を動かすことを意識してみてくださいね。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る