婦人科の病気の手術 -開腹と腹腔鏡手術のメリット・デメリット-

婦人科の病気の手術

婦人科の病気である子宮内膜症や子宮筋腫、子宮がんなどで手術する場合、手術方法にはおもに開腹手術と腹腔鏡手術の2種類あります。

ここではそれぞれどのような手術方法なのか、術後の回復にはどのくらいかかるのか、メリットやデメリットなどを紹介していきます。

開腹手術

へその下の下腹部を8~12cm切って行う手術で、部分麻酔、または部分麻酔と全身麻酔を併用して行います。

視野が広くとれ、直接病巣に触れながら切除などの処置を行うことができるためどんな手術にも適しています。特に子宮や卵巣をすべて摘出したり、病巣が大きい場合や複雑な癒着を剥がす手術に向いています。

しかし、お腹を切るため痛みが強く、身体への負担が大きいです。また、術後の回復にも時間がかかり、傷口も大きく残ることがあります。

しかし、手術時間は2~3時間と短く、複雑なテクニックを必要としないため執刀医の技量に左右されることもありません。

切開の方法

切開の方法には縦に切る方法と横に切る方法があります。

縦はおへその下から切ります。お腹が大きく開き、患部がよく見えるので手術がやりやすいです。しかし、傷口が大きく残るデメリットがあります。

横はおへその下、もしくは真ん中から足の付根にかけて切ります。縦に切るより視野が狭いのがデメリットですが、傷口が目立たないというメリットがあります。

通常は横に切るのが一般的ですが、病巣が大きい場合や激しい癒着を起こしている場合は縦に切ることもあります。病状によって希望通りにならないこともありますが、どちらの切開方法がいいかは必ず希望を伝えましょう。

腹腔鏡手術

腹腔鏡はおなかを切らない手術方法で、全身麻酔で行います。

へその下に約1cmの小さな穴を3ヶ所空けてそこから内視鏡(マイクロスコープ)を入れ、モニターに映し出される病変部などを見ながら病巣を切除したり、癒着を剥がしたりします。

おなかを切らないので痛みや出血が少なく、身体への負担が少ないです。そのため術後の回復も早く、入院期間も短くてすみます。また、開腹手術のように大きな傷跡が残らず、切開の傷跡も小さく、手術後の癒着の心配もありません。

しかし、手術時間は2~8時間と長時間に及ぶこともあります。また、モニターを見ながら手術をするため高度なテクニックが必要になり、施術できる病院や医師が限られています。

また、視野が狭いので小さな病巣や臓器の裏側に隠れている病巣は見逃してしまったり、子宮内膜症などで癒着が激しい場合は取り残してしまうこともあります。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る