乳がんの抑制効果も?スーパーイソフラボン「エクオール」とは

エクオールについて

大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと似たような働きをするで、「更年期が気になり出したら大豆をとろう!」とは昔からよく言われていたこと。

しかし、最近はここから一歩進んだ『エクオール』という存在が注目されています。

エクオールって何?

エクオールとは、大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという物質が変化したもの。これが女性ホルモン『エストロゲン(卵胞ホルモン=妊娠のための働きをします)』の代わりになって、エストロゲン同様の働きをしてくれるんですね。

エクオールのすごい点は、エストロゲンが足りない場合は補いますが、多すぎる場合は一定量を超えないようにセーブする働きがあること。

ですから、エストロゲン不足によって起こる更年期障害や、骨粗しょう症などを予防してくれる働きがあるのです。

エストロゲンの効果

骨粗しょう症の予防

エクオールには、骨密度の減少を抑える効果があります。エストロゲンが減ると、骨の中に溜めているカルシウムが外に流れやすくなりますが、エクオールはその働きを止めてくれるのです。その結果、閉経後の骨粗しょう症の予防につながります。

更年期障害の症状緩和

エクオールが多い人は、更年期障害の症状が軽いという研究データがあり、さらにほてりや、肩こりの改善効果も確認されています。

また動脈硬化や、糖尿病、悪玉コレステロールの増加を食い止めることもデータで確かめられています。

乳がんの抑制

乳がんはエストロゲンの過剰な働きで起こるとされています。エクオールは足りないエストロゲンを補いつつ、不要な量は抑えるため乳がんのリスクを下げる効果が期待されています。

美容効果

何より女性に嬉しいのは美肌維持効果も期待できること。女性ホルモンの分泌が少なくなると肌の弾力を保つエラスチンやコラーゲンが減ってしまい、たるみや乾燥の元=老け顔になるのですが、エクオールはこれも抑えてくれる作用があります。

日本人女性の半分はエクオールを体内で作れない

こんな素晴らしいエクオールですが、実はイソフラボンからエクオールを作れる女性は日本人で半分程度、30歳未満の場合は1/4程度と言われています。

その理由は、イソフラボンをエクオールに変える腸内細菌を持っていないためです。特に若い人に少ないのは、現代の食生活が影響しているからと考えられています。

昔は野菜や豆類、発酵食品など食物繊維の多い食生活が中心でしたが、現代はこれらの摂取量は減り、肉類や乳製品が多い食生活です。

食物繊維は腸内細菌のエサとなり、発酵食品に含まれる乳酸菌などは腸内環境を整える働きがあります。ですので、エクオールを増やすためには食生活を改善することが一番のポイント。

昔ながらの和食、特に野菜や豆類、海藻などを多くとり、納豆など古来からの発酵食品をしっかりとりましょう。そして肉類や添加物が多く含まれるインスタント食品や加工食品などは控えることが大事。

このように食生活を改善することでエクオールを作る腸内細菌が自然にできてくるのです。

調べよう!自分のエクオール力

自分がエクオールを体内で作れるかどうかは、医療機関や郵送キットで5,000円程度で調べることができます。エクオールという名称「要チェック!」です。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る