洗い過ぎてない?過剰な洗浄が及ぼす悪影響とデリケートゾーンの正しい洗い方

デリケートゾーンの洗い方

デリケートゾーンのニオイって独特でエチケット面から不安になりませんか?

それがもし周囲に匂っていたらと考えるだけでもゾッとしてしまうでしょう。清潔に保っていてもちょっとした体調の変化でニオイが強まってしまい困ったなんて経験は女性ならありますよね。

さてしっかりとケアしているのにニオイがキツくなった、彼氏との性交渉に気が引けるなどデリケートゾーンのニオイにお困りの人は洗い方をもう一度見直してみませんか?実は洗いすぎが匂いなどを招いてしまうこともあるのです。

間違った洗い方は匂いや炎症の原因に

実はデリケートゾーンは間違った洗い方をすると、菌のバランスが崩れてしまい一気にニオイが悪化します。またニオイとセットで粘膜の荒れが発生することもあります。

特に洗い過ぎは厳禁。膣内を酸性に保ち、雑菌の繁殖を防ぐデーデルライン桿菌などの常在細菌を洗い流してしまうので、デリケートゾーンの状態を悪くします。

その結果、雑菌に感染しやすくなり膣の炎症などを引き起こしてしまいます。ですから、正しい洗い方でケアすることが重要になります。

デリケートゾーンの正しい洗い方とは?

さて正しい洗い方ですが、シャワーでお湯をかけながらソープを使わずに軽く手で擦るよう行います。お風呂のため湯だと雑菌が繁殖しているので必ずシャワーのお湯で洗いましょう。

お尻や肛門も優しく擦って汚れを落とします。たったコレだけ?なんて不安になるかもしれませんがコレだけです。腕や足みたいに念入りにゴシゴシとスポンジやソープで擦る必要はありません。

ニオイにお困りの人は大体洗い過ぎが悪影響になっています。念入りな洗い方では弱酸性の粘膜バランスを乱し、さらにスポンジは粘膜に細かいキズを付けて雑菌を繁殖させてマイナスばかりです。

ニオイが気になる人は次の入浴からデリケートゾーンの洗い方を変えてみてくださいね。

ビデの使い過ぎも要注意

デリケートゾーンを清潔に保つためにドラッグストアなどで売っている使い捨てのビデや、トイレのビデでの洗浄が習慣化している方も少なくないのではないでしょうか。

膣は肛門に近いため雑菌が繁殖しやすく、ビデなどで洗浄することは悪いことではありません。しかし、1日に何度も使用したりビデで膣内を洗うのはNG。洗いすぎることでデーデルライン桿菌が減り、膣内のバランスが崩れてしまいます。「何事もほどほどに」これが大事です。

スポンサードリンク
 

関連記事

ページ上部へ戻る